夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
31
 
 えーと、ヒーローですが、前回飛び入りだったが確かそれ以前にもちょろちょろと顔を出していたような気がする。これまでの印象では、まるで幽霊……謎な男。前回の出番は結構あって台詞もそれなりにあったので、幽霊っぽさが多少薄れ、ユーモアもある人間らしさを垣間見せたものの依然として謎な雰囲気でしたが、今回ようやく彼がれっきとした人間だと確信できました。って…えらい言われようだな^^; それでなくとも、本編で散々な目にあっている苦労人なのに;;;
 そしてヒロイン、思いっきり純粋系。肩肘張ることもなく、自分の気持ちにも正直で、その分がんがん傷ついてますが、それにひるんだりしないところがいいw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
スポンサーサイト
    00:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
30
 
 ロマンス小説ではあまり見かけない、アフリカ系アメリカ人カップル。
 ハーヴァード大学を出たヒーローですが、これまでの話の中では物静かなタイプに見えておりましたが、実際はかなりユーモアのある明るいタイプだったようです。とは言っても、軽さはなく、実直さがにじみ出てますがw
 ヒロインは人種差別だけでなく、圧倒的に男性優勢の職場で自分の立場を確保するために、男性よりも優れているところを躍起になって証明しようと肩肘張っている気配。同じ結果を望むにしても別の対応の仕方はあったんじゃないかな~とは思うのですが、それでも並々ならぬ努力をしているヒロインは格好いいですねw
 このカップルはめちゃくちゃいい感じ。ヒーローは自分の気持ちをはっきり伝えつつもヒロインの気持ちを優先しようと自制してるし、ヒロインも納得できる形でない限り雰囲気に流されないよう自制できてるし。こういうのが大人の関係だよな!と思うですよ。
 ともかく、5つ星。


【あらすじ】
    12:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
29
 
 テロリストの人質にされ、ヒーローに救出されたときは可愛かったのに、その後の強情さがイタいヒロイン。そんなに平凡な男がいいと言い張るなら、はじめからやめときゃいいのだ。無理のある理屈は引っ込めなさいね。<ここで言ってもヒロインには聞こえてません;;
 ヒロインに振り回されつつ、よく頑張った、ヒーロー!w
 にしても、原題は『Everyday,Average Jones』なんですが―――あ、今回は邦題に難癖つけようというわけではありませんw―――ワタクシの能力ではこれをどう訳したものかよくわかりませんw が、どうも[average Joe]というのが[普通の人]という慣用語らしいので、ソレに引っ掛けた原題のようですねw 本来なら慣用語そのまま使いたいところだが、ジョーのままじゃキャラ違っちゃうし~だったりしてw
 ともあれ、ヒーローの奮闘振りを称え、4つ星で。


【あらすじ】
    16:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
 シリーズ一作目冒頭に書かれていた作戦で、あの後負傷して表舞台から引いていた陰のアルファ隊員がヒーロー。まさに心身ともにボロボロ状態。彼は戦闘戦略において抜きん出た才能の持ち主らしいが、つまり、基本はA案しかしそれがダメな場合はB案といった具合に、いくつもの代案を編み出すのが得意だってことだと思うのだが、自分の人生もそうやって戦略的に考察すればいいのにもったいないことしてるなぁ~と。とは言っても、絶望的な気分になって自己憐憫に浸っているときに、別の見方をするべきだと言われても、そう簡単にできるものじゃないか。
 それを補えるのが思想的なヒロイン。彼女の言うことは正論だし、きちんと受け止めれば曇りを払ってくれるような言葉が多い。が、軍人や暴力に関しての彼女の持論は、どう見ても無知ゆえの理想論の域にとどまるもので、世界が彼女の言うとおりになればどんなに平和かと誰もが思うだろうが、現実には不可能なことだという理解が足りない気がするんだな。批判するならその対象のことをしっかり勉強してからにしなさい、と言いたい。
 ともかく、4つ星かな。


【あらすじ】
    06:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
 ヒロインがw 竹を割ったようなとはこういうキャラのことだというほどスパッと率直に物を言い、一度腹を決めたらとことんまで突進する不屈の根性がすがすがしい。まぁ、少々気の短い面もありますが、そのくらいの欠点がなければこれほど好感は持てないでしょうw
 そしてヒーローはヤンチャ系指揮官の右腕。頭がアレなら、右腕はやっぱりこうでなきゃ…という、静かなる男。しかし、足元に関して彼は断固としたこだわりを持っているようで……海軍の正装姿でもアレとは……笑えますw 何でまたそんなこだわりを持つようになったのか、それが知りたくて仕方ないんですが……無理でしょか^^;;
 それにしても、またもや邦題がまぎらわしい……誰が邦題を考えてるんだかわかりませんが、考えた人の好みがよくわかる;;; 原題直訳でまったく問題ないと思うんですが、何か不都合でもあるんでしょうか?と聞きたくなります、その原題は『Forever Blue』。ヒーローの通称[ブルー]から取られたわかりやすくていいタイトルなんだから、そのまま[永遠のブルー]もしくは[永遠の青][果てしなき青][青く、果てなく]とでもしておけばいいのにと思うんですが。もっとも[あの夏の]にこだわった理由は本文を読めばわかるので、まったくそぐわないというわけでもないんですけどね^^
 ともかく、5つ星で。


【あらすじ】
    05:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
26
 
 メモする順番を間違えました。エヘッ(^^;ゞ
 シリーズ1作目は、シール第10チーム指揮官がヒーロー。指揮官なのに、感受性の強いヤンチャ系キャラというところがミソですな。ヤンチャはヤンチャでも、自己中心的ではなく、ちゃんと分別もあり抑制もできるところが、指揮官である所以かも。
 で、ヒロインは心配性。それが高じて、少々視野が狭くなる傾向にあり。
 ともかく、4つ星で。


【あらすじ】
    09:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
25
 
 気がつけば、鏡に映った自分の顔すら記憶になかったなんて、怖すぎ;; 記憶喪失の秘密工作員ほど、自分が怖くなる事態はないだろうなと同情。
 しかし、そんなことになっているとは知らないヒーローの仲間たちは、笑えるほど振り回されとりますな^^
 して、ヒロインはなかなかフットワークが軽いです。……フットワークと違うという意見もあるが…って、誰の意見だよ;; 自分の気持ちに率直で、かつ素早く行動に出る積極性があり、しかし自分の将来については消極的という、結構どこにでも居そうなタイプではあります。ので、どうしてヒーローがここまで惚れ込んだのか、少々疑問は残ります。自分の危険を顧みず、ヒーローについて行こうとする度胸のよさかもしれないが……
 ともあれ、4つ星で。


【あらすじ】
    11:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
24
 
 ……このシリーズは、同作者の別シリーズ『トラブルシューター・シリーズ』(ヴィレッジブックス刊)と区別がつかなくなるという、恐ろしいシリーズ。しかも、その別シリーズ代一作の邦題が『遠い夏の英雄』………何て紛らわしい邦題なんだぁーーーーーっ!><;; いっそこっちの邦題は、原題直訳で『大将の花嫁』にでもしとけばよかったのにっ;; ……ま、タイトルに『大将』という単語を使いたくなかった理由は、そこはかとなく理解できますが……
 それは置いといて、ヒーローったら、自分で自分を「老いぼれ」とか「年寄り」とか……かなりお年を気になさっておいでのようです。まぁ、ヒロインが29歳で自分が53歳だったら、そりゃ気にならないほうがおかしいかも知れんがの。でも何かおかしいな。ヒーローが22歳のときにヒロイン父を助け、その1年後にヒロインが生まれたって言ってたんだから、23歳の差だと思うんだけど、29と53だと24歳差になるよな。……ま、たかが一つの違いくらい、これだけ離れるとどーでもいいか。
 しかし、別の作家の50歳のヒーローに対してやいのやいの言っていたワタクシですが、なぜかそれより年取っているこっちのヒーローに関しては許せてしまうという、謎^^; 何が違うんだろう;;
 ともかく、このヒーローは……読んでみて。そしてヒロインは……危ない人ですw
 でも、亡妻を愛しつつヒロインも愛するというのは、私、基本的に好きじゃないんだ。何か、二股かけてるみたいで。片方は亡くなっているわけだから、厳密には二股とは言えないんだろうけど、精神的にはそういう状態なんじゃないのかな~と思うと、も、アウト。実に微妙な乙女心です。<乙女言うな、その年で;;<黙っていれば誰にもわからん!<そういう問題か!?<永遠の17歳なんだからいいのだ!<……;;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    12:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
 前2作はヒーローがスコフィールド家の双子だったため、彼らとカップリングされていた三姉妹の長女と三女は自身がヒロインの回でなくともしょっちゅう顔を出していた感があったが、はみ出してしまった今作のヒロインはそれまで影の薄い印象だった。が、今回ヒロインの座が回ってきたことで、長女の硬質な感じのする行動力と三女の繊細さが融合したようなキャラだということが判明。なかなか興味深かったw
 興味深かったといえば、ヒーローも然り。職業が精神分析医だというのに、思いっきり自分の気持ちをごまかそうと躍起になっているところとか、亡妻が唯一愛する女性だと言っていながら、最愛の妻を亡くして1年でヒロインに惚れちゃうその神経とか。<ぅは;; けちょんけちょんに言ってますね;;
 それにしても、よく「亡くなった人を悪く言うべきじゃない」とか言いますが、ずっと不思議に思ってました。生きていようと亡くなっていようと、その人の性格だのやったことだのは変わらないわけでしょう。悪口というと少々意味合いが違うでしょうが、亡くなったからといってその人の欠点がなくなるわけでもなし。生きているときは良いところより悪いところに目を向けていながら、その人が亡くなったら「いい人だった」と欠点など何もなかったかのように言うのはおかしくないか?と。で、亡くなった人は完璧みたいな言い方が常識としてまかり通るから、亡くなった時点で人として見られなくなり、結果的に美化されて理想化され、ヒーローのようなことになるんではなかろうか。
 ま、とりあえずはそんなところで。<とりあえずって、何っ!?w
 で、4つ星。


【あらすじ】
    19:26 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
22
 
 あのぉ…ヒーロー……君、子供? と、思わずつぶやいたほど、お子様行動で……orz
 ヒロインははじめ、愛されていないのに結婚はできない、そんな結婚は子供のためにならないとガツンと言っていて、私もその意見には大いに賛同。にもかかわらず、ヒーローが作った子供部屋を見て考えを変えてしまうという、その中途半端さにハリセンを。そんなんじゃダメじゃん!><
 何と言うかもう、ただただ脱力のため息が出るような物語でした。
 さらに、どういうわけかよく食事のシーンが出るので、腹が減り……キャロット・ケーキが食べたくなった…パウンドケーキがベースの、シナモンが入ってるやつが食べたいっ!<自分で作れ<オーブン機能が壊れてて作れませんTT<いい加減、買い換えろよ;;<業務用のオーブンが欲しいです<おばか…;;
 ともあれ、3つ星で。


【あらすじ】
    16:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 理想のすべての条件に合わせることとは、完璧を求めるのと同じで、非現実的である。つまり、理想は理想として、そのなかにも優先順位というものがあり、一番外せないことは何か、外しても問題ないことは何かをよく吟味する必要があるということで、やみくもに理想どおりを求めても失望するだけなのである。
 てなことをしみじみ考えさせられる物語でしたw
 が、ヒーローが考えを変えて結婚まで行き着けたのは、それはそれでめでたいことだけど、その後はどうなることやら……と、ふと思うのである。というのも、はじめこそ「これだけは重要」と思っていたこと―――相手がヒロインでなければ結婚したいとは思わないだろうという事実―――これが唯一譲れない点であって、他は妥協することができると思っていても、結婚後、次第にそれを忘れてヒロインの行動に不満を募らせるんじゃないだろうか……と。そうならないことを祈るのみだが、そのとおりにいくとしたら、それはやはり、現実ではなく物語りだからだろうなぁ……現実は厳しいぜ…><
 ということで、4つ星。


【あらすじ】
    14:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
20
 
 ヒーロー、ちょっと待て;; 基本的に考え方間違ってないかね、君?^^;; と、思わずぽつりとヒーローに呼びかけたおばかさんがここに。( ̄  ̄)/ ソレハ ワタシデス
 前妻にとんでもない目に合わされて、二度と恋なんかするもんかーーー!!と思うのはよくあるパターンだが、だからといってヒーローのこれは……自分が思っているほど合理的に割り切れてないと自覚しようぜ;;
 なぜなら、【前妻 + 愛ある結婚 = 失敗】という公式で痛い目を見たからといって、【成功 = 前妻と反対のタイプ + 愛のない結婚】とはいかんのだよ、チミ^^; 入れ替えるところがおかしいだろう;;
 はじめの公式を基にすれば、公式1【成功 = 前妻と同タイプ + a】、公式2【成功 = b + 愛ある結婚】、公式3【成功 = c + 愛のない結婚】と考えるのが妥当でしょう。
 公式1について言えば、まず、前妻みたいに淫乱で多情な女性を結婚に向くと考えることからしてまず間違っている。そもそもヒーローは自分にも相手にも貞淑を求めるタイプなんだから。となると、aの値には[愛]も[結婚]も入るわけがなく、[欲求処理の便利な関係]が正解だろう。つまり、結婚にこのタイプの女性を当てはめたら、必然的に【失敗】という答えしか出ないってことだ。
 で、公式1を使うとヒーローが考える結婚には行き着かないので、公式2が出てくるわけだが、bの値には公式1と反対のものを考えるべき。つまり、淫乱ではなくベッドを共にするのは一人の男性であるべきという考えを持ち、多情ではなく一人の男性を愛せる女性ということで、ヒロインはまさにぴったり。なので、【成功 = ヒロイン + 愛ある結婚】が公式2になる。
 でもって、あくまでも愛のない結婚で成功させようと思うなら、公式3のcの値はヒーロー自身嫌いではなくとも愛を感じない女性であるべきで、その女性が自分に愛以外のものを求めてくれるのがベストということになるわけだ。つまり、結婚紹介所が選んでくれた5人の女性は、まさにこの公式の正解ということなわけだ。
 にもかかわらず、そういう女性は嫌だと言うヒーロー。すでにそこで自分が言い張るような愛のない結婚など、自分自身本当は望んでいないんだということに気づけよ;; 頼むよ;;<頼んでどーする;;
 公式1は問題外、公式3は使えず、となったら残るのは公式2しかないわけで、なのにせっかく公式2の正解であるヒロインを見つけたにもかかわらず、愛のない結婚をするんだとがんばるヒーロー、お前さんは馬鹿者だ! 鉄板入りのハリセンを受けて出直してらっしゃい!
 ……という物語でした。<おいおいコラコラ、何だそれワ;;;;
 てなことで、5つ星。何だかんだ言っているけど、面白かったんだよ…


【あらすじ】
 
    02:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
19
 
 とことん不器用なヒーローがツボwww<そうか。よかったな。<ぅぁ…久々に某キャラを思い出したような台詞だ!
 そして、自由にのびのびと生きるヒロインも、またよし。ヒーローの息子も可愛いしなw
 それでもやっぱり、このヒーローは私にとって愛すべきキャラだ! こういうキャラに弱いんだーーー!!>< <こういう馬鹿女は、勝手に悶えさせておきましょう…
 ということで、5つ星w


【あらすじ】
    03:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
18
 
 あらすじが内容とちょっと違う。あらすじを読むと、ヒロインははじめからヒーローと二人でグレートバリアリーフでのバカンスに行くものと思っているようだが、実際本文を読めば、ヒロインがヒーローを落札したのはそのときだけの措置のつもりで、まさか着の身着のままでバカンスに放り込まれてヒーローと合流することになるとは思いもしなければ、その場所がバリアリーフだとは知らず、地獄を見る羽目になるんだが^^;;
 ともあれ、そこらへんは実際に読んで内容を確かめてもらうとして。
 ヒロインに興味はあっても人柄をほとんど知らず、ほんの少しの情報だけで人物判断し毛嫌いしているヒーロー。己は何様じゃ!と、気持ちよく力いっぱいハリセンを振るうのにうってつけw<……;;;
 ヒロインは……読んでみてのお楽しみでw なかなか好感が持てますw
 見所は、ヒロインの勇気とヒーローの愚か者加減でしょうか。
 運良くヒロインほどの体験はしていないものの、顔を水につけるのが嫌いなワタクシではありますが、読んでいてダイビングしてみたいと思えた……思うだけでまずやらないだろうが;;; 憧れは憧れのままにしておくがヨロシ。<ははは;;;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    03:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
17
 
 真面目で目立つことが嫌いな頑固人間が論理的に考えた末起こした行動は、時として突拍子もなく危なっかしいのだが、本人はそれに一向に気づかず、気づいてしまった善良な第三者は見て見ぬ振りができずに否応なく巻き込まれていくのである。という物語。
 ヒロインの抜け加減が可愛い上、ヒーローの心の移行がオツですw
 しかし、いくら孤独な未来は辛いが結婚はしたくない、でも子供にありったけの愛情を注ぎたい、という夢を持っていたとしても、子供はペットとは違うんだということを、ヒロインはちゃんと理解しているんでしょうか;;; ワタクシ、そこのところが少々気になりましてよ^^;
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    02:50 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
16
 
 さすがに兄弟だけあって前話ヒーローの四男と印象が似てますが、今話のヒーロー三男は四男にワイルドさを足したようなキャラだw
 そしてヒロインは、前話のヒロイン同様可愛い感じなんだが、前話のヒロインが温和タイプだとすれば、今話のヒロインは直情タイプと言えるかも。……レモンメレンゲパイの腕前がどの程度だったのか、結局わからずじまいで、それがずーっと気になってるんだが……誰かヒロインのキッチンから、こっそり持ってきてくれんかのぉ……<んな、アホな;;;
 レモンメレンゲパイもそうだけど、この物語、かなりいろんな料理が出てきてヨダレが……<垂れる前に、拭け。
 ということで、5つ星を。


【あらすじ】
    03:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
 やんちゃ系ヒーロー、無邪気を装った(ぇ?w)愛嬌を煙幕として(ぇぇっ?w)ふりまき、強引にヒロインを自分のペースに巻き込むという、必殺技(ぉぃ?w)が見事ですwww<これを見れば予想がつくが、かなり笑えるキャラらしいw
 して、ヒーローのペースにすっかり巻き込まれて大慌てしつつ、知性とユーモアをひらめかせ、変にツンツンしてないヒロインも可愛いwww
 このカップルはワタクシのツボに直撃でしたw
 にしても、いきなりヒーローが【突撃!隣の晩御飯】の如くヒロインのうちにやってきたとき、ヒロインは何しに来たのか問いもしなければ疑問にすら思わなかったらしいが、私は大いに疑問に思ったぞ。いったい何しに来たんだヒーロー!? ぃや、ヒーローの本音は言わずともわかるが、ヒロインに対してどんなでっち上げの理由を用意していたのか、めっちゃ気になるんだが;;;;
 ま、それはさておいて、ヒーローはウルフ家四兄弟の末っ子、ヒロインは史学科準教授ってことで……メモしとかないとこんがらがりそうなので…^^;
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    07:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
14
 
 愛人ネタでの大方の設定と立場が逆転したらこんな物語ができるでしょう…という感じか?<なぜ疑問符がついているんだ?^^;
 それはともかく、一切ヒーローのモノローグはないのですが、かなりポイントの高いキャラでした。というのも、ロマンス小説の9割方が、はじめからヒロインをベッドに連れ込むための誘惑をしているのに対して、このヒーローはかなり真面目に考えているのが目に見えるからで。こういうヒーローがもっと増えればいいのになぁ……と思ったのであります。<えらい、真面目腐ったコメントだな^^;;;;
 で、ヒロインは……愛や結婚を斜めに見る前に、自分をいうものがどんな人間かをもうちょっと真剣に考えてみるべきだろう、と忠告したくなりましたが、それは無理な注文でしたw そもそも両親や周囲の愛の破綻をたくさん見て知っているからといって、少女時代の自分が愛を求めていたのに、大人になったからとそれを切り捨てられるわけないやん。自分が愛情に飢えている人間だという事実を自覚すれば、後で自分が大ダメージを受ける提案などせんわぃ。自分を知らな過ぎたための大失敗だ。ヒーローが粘り強い人間でよかったのぉw
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    11:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
13
 
 しょっぱなでヒーローが陥る奇妙な状況に大笑いw ヒロイン兄弟、笑わせてくれますw が、実際自分にこんな兄弟がいたら、やっぱりヒロインと同じように鬱陶しく思うことだろう。何事にも限度というものがあります。大は小を兼ねるとはいえ、過ぎたるは及ばざるが如し。とはいえ、そのお節介がなければ、二人は誤解したまま自然消滅していただろうから、一波乱呼んだとはいえお手柄ともいえるかもw
 まぁ、ヒーローに一言言うなら、ヒロインの若さを考慮しなくちゃいかんだろう、かなw
 ともあれ、5つ星でw


【あらすじ】
    14:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
12
 
 ヒロインも馬鹿だが、ヒーローの馬鹿さ加減には到底およばないですな。<褒めているのか貶しているのか;;;;
 この二人は置いといて、ヒーロー母はいったいこの物語でどういう役回りを振られていたのか、そこんとこがまったくわからず、大いにワタクシを悩ませてくださいました。何のために出ていらしたんですか、お母様?^^;<って、そういうことは作者に聞け<無茶言うな;;;
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    11:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
11
 
 前作の横暴兄ちゃんがヒーローとして、やる気になれば愛想よくもなれるというところを見せてくれました。が、やってることは相変わらずかなり傲岸不遜ですが^^;;
 そんなヒーローも、冷静かつ決断力行動力ともにピカイチのヒロインには形無しのようでございますw はじめは花嫁の第一条件に合わないからと歯牙にもかけなかったのに、自分で決めたその第一条件にじわじわと首を絞められていく様子がなかなかオツでございます。<サドか?;;
 そして何より、ヒロインのオジサマが可愛いwww
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    00:18 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
10
 
 お兄ちゃん、横暴……<いきなり主役差し置いてヒロインの長兄か;;;
 散々苦労してきたらしいお兄ちゃん、精神的に切羽詰っているようなので、それが本来の性格かどうかわからないので差し引いてみると、ヒロインとの血の繋がりが見えてくるw 読んでいるときは気づかなかったが、振り返ってみれば、やっぱり兄妹だと思える性格の相似点がw 岩のごとき頑固さとか、勇猛と言ってもいい行動力とか。
 そしてヒーローは、直情径行型で正直で案外素直な面も持っているという、誰かが手綱を掴んでいないと暴走しそうだが、信頼関係のある者(ヒロインとかw)が手綱を掴んでいれば、これほど頼りになる者はいないだろうと思わせるキャラだ。
 とにかく、面白かった!
 ということで、5つ星。


【あらすじ】
    09:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
09
 
 いやはや、このヒーロー、目の前の壁は乗り越えるんじゃなく粉砕して突き進む、戦車のような無茶苦茶なキャラだw こんなのに突っ込んでこられたらひとたまりもないですなw
 にもかかわらず、ヒロイン、満身創痍ながら土壇場で素早く回避! 小回りの利かない戦車はあたふたと方向転換……って、私、何の話をしてるんだ?;;;;
 ともかく、それなりに面白かったです。インパクトもあります。が、どうも印象が薄いです。
 ということで、3つ星。


【あらすじ】
    11:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
08
 
 『悲運の花嫁』の3年前の物語。
 この物語のヒーロー:イアンは『悲運の~』には登場しないが『悲運の~』のヒーロー:ジョージが終盤の美味しい場面で登場するので、時系列的には『悲運の~』より、こっちのほうを先に読んだほうがいいかも。
 さて、この物語のヒロインは、自分のあずかり知らぬところで運命に翻弄されますが、かなり肝が据わっていて、しかも一途でいいw
 で、ヒーローは、いろいろと考えるべき問題山積みの中、かなり混乱しておりますが、こちらも一途w
 純愛カップルと言ってもよかとかも^^
 が、あらすじが、ちょっとおかしい;;; 【代々伝わる聖剣】とか書かれているが、別にそんなこと本文に書かれてないし、それに、聖剣と言われると長剣のイメージが浮かぶが、宝石で飾られた短剣だ。それがどうして大切なのかといった謎は、物語の終盤に明かされる大仕掛けなのでここには書きませんが、【代々伝わる】物だと思って読み始めるとおかしなことになるので要注意。
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    23:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
07
 
 実にドラマチックな展開で楽しめた。
 婚礼のために船旅をしていたヒーローが嵐で放り出されて気がついたら「ここはどこ!?」な状況というのは、本人にとってかなり精神的に痛いことでしょうが、それに追い討ちをかけるのがヒロインのとげとげしさ。彼女が耐えてきたそれまでの困難を考えれば、そういう態度もさもありなんだが、騙まし討ちのようなことをするんじゃなく、最初から事情を話して協力を頼んでいたら事は簡単に進んだんじゃなかろうか……って、それじゃここまでドラマチックな物語にはなりゃせんのぉw
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    09:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
06
 
 とことん男運のないヒロインが何とも哀れ^^;
 ヒーローもいまひとつ。完全に私の好みの問題なんだが、言動がいちいち気に障る。
 …………だめだだめだだめだ;;;; 物語自体はつまらなくはないはずなんだが、だめだ~;;;;
 ということで、2つ星。


【あらすじ】
    23:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
05
 
 大型広告板で自分を売り込み恋人募集……なんて大胆な発想だろう^^;;;;
 このネタで笑えましたが、何よりヒーローが考え出したプロポーズ大作戦にはお腹抱えて笑ったw
 途中でヒーローが大ポカやらかしましたが、総じて軽快に読める楽しい物語でした!
 ということで、5つ星を。


【あらすじ】
    07:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
04
 
 いきなり不可解な状況に放り込まれるヒロイン。読んでいるほうも「いったい何事っ!?」と疑問符を飛ばしまくること請け合い。
 何が何だかわからないままヒーローのペースで物語が進行していく序盤ですが、奇想天外なハプニングが片付くととたんにペース・ダウン。物語の視点はヒロイン中心になり、ヒーローが何を思っているのか探りにくくなります。ここら辺は意図的に隠されているようですが、読んでいるあいだはそのことに気づきませんでした。というのも、ヒロインが感情を抑えて物事を分析的に考えるタイプのため、ヒーローの言動を推測するのにヒロインの考えについ引きずられ、疑問をはさむのを忘れてしまい、気づかぬうちに作者の罠に引っかかっていたからでw いぁ、さすがに上手いなぁw
 読後感はかなりスッキリ!って感じでしたw
 ということで、5つ星。


【あらすじ】
    13:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
03
 
 ご対面しょっぱなから戦争勃発といった感じのヒーローとヒロイン。どちらも一歩も引かず、火花を散らして言葉の手榴弾の応酬……熱いです。ちなみにこれを書いている本日(07.8/16)、現在の気温は38度を超え、最高予想気温は40度になりそうです。ダブルの熱さにワタクシの頭はゆだって半生状態です。
 感情凍結ヒーローが、ヒロインの爆風熱で粉砕氷解されていく様はなかなか見物かもしれませんが、あまり涼しくはありません。<何のこっちゃ;;;
 ともかく、4つ星で。


【あらすじ】
    12:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
02
 
 ヒーロー、策士だw で、ヒロインは年齢に比べてちょっと子供っぽい印象があるものの、自分が男性との付き合いに何を求めているのかはっきり自覚していて、そこへたどり着かない関係には寄り道したくないとヒーローに意思表明する潔さをもっているのは、さすがに年齢に見合う大人の感覚を身に着けているなと思える。
 ……子供っぽいって、人のこと言えないか……;;;;
 それから、二人の周囲のキャラたちも、それぞれ魅力があっていい。できることなら、この後の顛末も読んでみたいものだ。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    02:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2006年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。