夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
31
 
 何と言うか、とんでもない大馬鹿者のヒーローです^^; それ以外言葉もなく……;;
 それよりもこの物語、以前読んだような気がするんですが、奥付では初出らしいし……でも、物語のネタといい設定といい展開といい、確かにどこかで読んだと私の記憶が訴えている;;;; まさか、デジャヴ?;; そっちのほうがめっちゃ気になって、読むのもちょっと上の空になってたかも。
 ということで、3つ星に;;;;


【あらすじ】
スポンサーサイト
    09:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
30
 
 ヒーローが…orz この男、防音機能完備の冷凍室に閉じこめておいたほうが世のため人のためになるかも。<猛獣か?;;
 ヒロインが必死に、嘘はついていない、愛人じゃないって言ってるのに、信じたと言いながら頭の方は情報修正されてないって、あなた、そんなことで臨機応変な頭の柔軟さを求められる危険な仕事をこなせるんですか? いつか死ぬぞ、オイ;;
 で、はっきり言えば、こんな出会いかた、扱われかたをされたら、こんな短時間では好意すら持てないと思うんですが。ヒロインもちょっと理解できないですね;;
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    06:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
29
 
 誰にも話せない危険な過去を持つヒーローと、ヒロインが鍵になっている連続殺人とが錯綜して、ハラハラしどおしの物語でした。
 大体の登場人物が出揃ったところで犯人は予想つきますが、ある意味予想がつきやすいからこそハラハラするというw
 今回はヒーロー評もヒロイン評もあえて自粛。読んでみてのお楽しみってことでw
 で、5つ星!


【あらすじ】
    07:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
 2001年版のサマーシズラーに収録された作品の再録版らしい。が、私は初読と言うことで……いざ…
 ヒーロー……ゲシッ! ヒーロー……ゲシゲシッ! ヒーロー……ゲシゲシゲシゲシゲシッ!!<思い切り足蹴にしている模様;;
 これでおわかりのとおり、このヒーローの馬鹿さ加減は、地獄の釜の淵に立たせて蹴り落としてくれたくなるほどでございます。ヒロインの愛情深さと心の広さに、土下座して感謝しろよ、ヒーロー。
 とは言っても、まぁ、自分の本心に気づいてからはまるで「ガキかこやつは…( ̄  ̄;」と呆れてうつろな笑いが漏れるほど滑稽な姿をさらしてくれますので、相殺といったところでしょうか。
 ということで…うーん…4つ星で><;


【あらすじ】
    13:26 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
 ヒロイン17歳ヒーロー20歳の初恋はヒロインの父に引き裂かれ、30年の年月を経てようやく実るのであった、丸。つまり、ヒロイン47歳ヒーロー50歳という……なんとも微妙な……何でそんな年齢に設定しなけりゃならんかったんだろうと、そこのところが思いっきり疑問。
 別に、ロマンス小説の主役は若くなくちゃいかんというわけではないが、物語の山場でヒーローが全力疾走し、階段の手すりを飛び越えたりと、なかなかナイスなシーンがあってウキウキするのに、読んでいてふと「そういえばヒーローって……50歳のおっさんだっけ……」と年齢を思い出すと、とたんに格好良さ半減で何とも言えなくなるんですが^^;
 あと10歳…いや、せめて5歳若く設定してくれれば…;;;;
 年齢に引っかかって星一つ減。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    11:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
 破産寸前のヒロインがはじけてますw
 常人ならなかなかここまで楽観的にはなれないものだが、だからといって悲観的になっても状況は変わらないのも事実。つまり、このヒロインは小さな幸せの見つけ方をよく知っているってことで、見ていて気持ちがいい。
 して、ヒーローのほうはその反対に、無機質なものでがっちり心をガードしている感じだが、やはり彼も人間、ヒロインに影響されて人間らしくなっていくその様子が微笑ましい。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    06:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
26
 
 自分を笑いものにできる朗らかなヒロインと母親思いの15歳の息子。
 それとは対極のように、自分の殻に閉じこもっているヒーローと反抗心もあらわなゴシック・ファッションの12歳の娘。
 そして、忘れてはいけないのが、電話でしか姿を現さない(最後にちょっと出てきたけどw)ヒロインのコミカルな親友。
 物語自体は、ドラマチックな展開などないのだが、心の痛みが癒えていく過程が描かれた秀作と言っていいかとw
 ページ数はHQの通常版とほとんど変わらないと思うが、このテーマなら他出版社の文庫分のページでじっくり書いてもいけると思う。だいぶいろいろと削ってまとめたような感じがするので。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    04:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
25
 
 ヒロインが愉快だw
 何と言ってもヒロインとヒーローの義母の対決が面白い。自分の計略を逆手に取られてきりきり舞いする義母様ったらw
 ヒーローは、とりあえずどこかに置いといて…後で元に戻すかどうかは、よくよく熟考せんとな…;;<何それ;;
 んで、あらすじのおかしなところ。義母がヒロインに結婚しろと言ったのはヒーローではなく、義母の実息でヒーローの腹違いの兄のほうだしょ^^; どっちと結婚しろと言ったかで、全然違う話になっちゃうと思うんだが;;
 ということで、4つ星。


【あらすじ】
    08:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
24
 
 のっけからとち狂った誤解をして、そのまま突き進むヒーローは…どう料理したもんだろう。ハリセンだけでは生易しすぎる。
 とは言っても、最後には自分が何をしたのかきちんと正解にたどり着くので、ハリセン連打でよしとしておくか。
 ヒロインは光ってます。しょーもないヒーローを相手にしていながら、地に足のついたキャラとでも申しましょうかw 変に振り回されることなく、それでも相手の様子に臨機応変に合わせながらマイペースを保っております。かなり好きなキャラだw
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    04:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
 ヒロインが;; あまりにも直向なので、人生における艱難辛苦の波をまともにくらってボロボロ…って感じが痛々しい;; 今にもポッキリいっちゃうんじゃないかという危うさが胃に悪いです。<ぇ?;;
 ヒーローは…Better late than never とはいえ、もっと早く気づけよコラ;;; という感じで…なんか、同じようなヒーロー評を何度も言っているような気が;;
 ということで、4つ星。


【あらすじ】
    00:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
22
 
 二枚目の雰囲気で始まったヒーローなのに、どんどん三枚目方向にずれていくのに笑ったw
 だが何より、ヒロインをベッドに連れ込む前に「真剣に付き合いたい」と言ったヒーローをはじめて見た!!www<ベッドシーンを書かない特定の作家やヒストリカルは除外でw
 私が日本人だからという国際的ギャップなのか、まともなヒーローを見て感激しちゃいましたわw
 てなことで、5つ星をw って、めっちゃ笑ってる(文末についてる【w】のことね^^;)な私;;;


【あらすじ】
    11:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 痛い><; 痛い物語だ;;
 浮気容疑をかけられ、事実ではないというヒーローの言葉にも耳を貸してもらえず、とうとう離婚しかないと決心することになったその心中を思うと、痛くて痛くてTT
 いろいろと考えさせられるところもあったのですが、いぁ、もう、読んでてちょっと辛かったです><;
 ということで、3つ星で;;


【あらすじ】
 
    12:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
20
 
 なんだかいろんなネタ盛りだくさんの物語でした。
 お題は【記憶喪失】ですが、それはヒロインに一任するとして、他には、ヒーローが負った大火傷による心の傷とか、ヒーローの友人の精神的不均衡が引き起こす事件とか、それ一つでも物語になるネタが一気に詰め込まれてお買い得w<10%増量の徳用菓子か?;;
 ハリセンもののおばかさを披露してくれたのはヒーローですが、私に代わってハリセンかましてくれる爺様がいらっしゃいましたw いや、ハリセンそのものは物語には出てきませんが。<当たり前じゃ;;
 てなことで、5つ星w


【あらすじ】
    09:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
19
 
 一族の中で一人、我関せずの中立地帯にたたずむ、一見のんきな謎の男がヒーロー。
 蓋を開けてみれば、一家に一人いたら便利、お持ち帰りできないだろうか…とちらりと思ってしまうキャラでしたw 彼が家にいたら、防犯は万全、台所の覇権も彼に譲って、私は左団扇だなw<ふざけるな!と叱られそうだ;;
 そしてヒロインだが、これまた愉快なキャラで、可愛いんだこれがw
 物語はシリーズの中核になっている出版社の覇権争いとはまったく関係なく進行しますが、かといってまったく抵触しないというわけでもない。そして、どうやらこれからの伏線らしきものも。今でも混乱状態の一族ですが、どうもまだまだ掻き回されそうです。キャラたち、ご苦労さん^^;
 てなことで、5つ星でw


【あらすじ】
    14:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
18
 
 自分がどんなタイプかわかっていながらそれに反することを提案してはじまった関係なのに、自分の気持ちに途中ではたっと気づくヒロインもナンですが、ヒーローもアレですな^^;
 恋愛感情抜きの付き合いが今の風潮だの大人の関係だの、この手の物語には付き物のうたい文句ですが、私にはどう考えてもそれは子供の関係だと思えるんですが……;; 恋愛感情抜きでしがらみなしで楽しむだけ…って、どう考えても子供の遊びでしょう;;
 大人になればどうしたって人間関係には煩わしさやしがらみは付き物で、切っても切れないものだし、この物語のように意図しないハプニングというリスクがある付き合いなら、いい加減な考えで目先の楽しさばかり追うような付き合いは、保護者に責任を依存している子供の行動のように無責任なことだと理解できるのが大人なんじゃないでしょか?
 てなことで、3つ星。……いい加減、感情抜きとか、できちゃった話に飽きてきました;;


【あらすじ】
    08:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
17
 
 ふりむけば奴がいる……ってフレーズが、ぐるぐるぐるぐる頭の中を回って困りました^^;
 ともあれ、これまでの登場ではちょっと三枚目寄りをイメージしていた保安官ヒーローですが、ここまで面白いキャラだったとはw 案外このシリーズで一番味のあるキャラだったかもw
 もっとも、仕方がなくてやったことでも犯罪は犯罪だ、許されるものではないと言い切ったときには、「ずいぶん苦労知らずの世間知らずなことを……orz」と脱力しましたが;;;; その論法でいくと、正当防衛ですら犯罪であって許してはいけないことになってしまうし、殺されそうになったなら黙って殺されろと言っていることにならないだろうか。そうなると、腕力や体力的に劣る弱者は、自分より強い者に何をされても泣き寝入りするしかないと言っているようなものだろうに。
 確かに法は社会に秩序をもたらすためにあるもので、守るべきだし、犯罪は許してはいけないものだけど、人間の行動というものは数学の公式のように綺麗に答えが出るものじゃないんだということを、ヒーローは忘れているようです。
 それは、このシリーズの柱になっている犯罪にも言えて、同じ出発点から同じ到達点に向かう線が、一直線しかないと思い込んでいると、円を描いたり蛇行したりというさまざまなルートがあることを思いつかないわけで。……2種類のDNAが出たって言ってるのに、どうして片方だけDNAだけが合致したから彼女が犯人だ~なんて結論にいっちゃうんだか orz もう一方のDNAの保持者だって容疑者だろうに、忘れんなよみんな orz
 と、まぁ、物語も大詰めになって何だかトホホな面々に呆れたりいたしましたが、最後までヒーローが面白いキャラだったので、よしとしておきましょうw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    10:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
16
 
 ヒーロー……この、愚か者め…。この一言に尽きるキャラでした。
 ヒーローがお馬鹿な分、ヒロインががんばってますw
 シリーズこれまでのキャラもちょこっと出てきます。が、ま、ヒーローにびしばしハリセン飛ばせる物語であることは確かです。<そんな確信はいらんがな;;;
 てなことで、4つ星で。


【あらすじ】
    07:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
 結婚生活をうまく続けていくには何が必要か、そういうことを考えさせられる物語でした。
 人生は大地。愛は種子。互いへの思いやりや、理解しようとする心は陽光。過ちを許す寛大さや、双方の妥協は雨。すべてがそろってようやく幸福の花が咲く。自分の要求ばかりを主張したり、相手の要求に従ってばかりでは、うまくいくはずがない。
 自分はどうだろうかと、思わず己を振り返ってみた物語でしたw
 ま、それと気に入ったかどうかはまた別物ってことでw
 で、4つ星。


【あらすじ】
    07:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
14
 
 ぃや~……;;; これは、どうコメントしたもんかのぉ……;;;
 確かに言えるのは、笑えないってことだけか。で、重い。
 ヒーロー、自分の苛立ちをヒロインにぶつけて暴言吐いておいて、ヒロインが憤慨したとたん謝るな。謝るくらいなら、暴言吐く前に吟味しとけ。
 ……亡霊にハリセンかましても意味ないしな。
 何と言うか、すっきりしない物語でした。ドラマとしてはうまくできてるとは思うけど。
 好みが分かれるところだろうということで、3つ星。


【あらすじ】
    07:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
14
 
 幼馴染で親友の二人。二人一緒に成長し、いつも精神的に近くにいたために、相手に対する気持ちの変化に気づかず今まできてました…というパターンですねw
 こういう関係だと、これまで築いてきた友情を壊すことにかなりの葛藤があって当然です。それが物語の中心になっているわけですが、何と言うか、こういう馬鹿げたきっかけがなかったら、この二人どうなってただろう…と考えると頭が痛いですw
 とりあえず、4つ星でw


【あらすじ】
    04:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
13
 
 『金色の歌姫』の序盤にちょっとだけ登場した従兄弟がヒーロー。酒・ギャンブル・女でろくでなしの評判を獲得していた彼が、ヒロインと出会って真っ当な人生路に戻っていくのは見ていて気持ちいいです。
 ヒロインはというと、結婚なんてとんでもないなどと力強く言っていたわりには、あっさりヒーローのプロポーズを受け入れちゃうところが、ページ数の少なさのせいかもしれませんが少々物足りないところですな^^;
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    08:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
13
 
 前話『純潔とプライド』のヒーローの弟がヒーロー……前話ではまさに反抗期の少年のような印象を受けた彼ですが、さすがに大人になったようです。が、ガリガリに痩せ細った捨て猫のようなヒロインを見て苛立たしくも放っておけず、不機嫌な様子で嫌々世話を焼くようなところなど、基本的には変わっていないんだろうなと思わせるキャラでしたw
 ヒロインのほうは世間知らず大全開といった感じで、危なっかしいの何のって;;; 確かにこのタイプに対しては、一度助けちゃったら後に引けずつい意思に反してずるずると世話を焼くしかなくなりますね^^;
 物語り全体としては、1冊に3話収録のうちのひとつなので、ページ数は多くありません。そのせいか、何だか盛り上がりに欠ける印象が残った。
 ということで、3つ星。


【あらすじ】
    00:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
12
 
 舞台は19世紀の末期……って…シリーズのスピンオフらしい?? どうもHQて、シリーズのつながりかたが時々わけわかんないんだよね;;
 それは置いといて、この物語、ヒロインのアイデンティティがネックになっている。昨今は日本も国際化が進んで、大都市でもなければ地方でもない微妙な土地でも外国籍の人をよく見かけるが、それでも単一民族国家の日本に住んでいる日本人だと、人種の差による違和感というのは感じにくく、人種差や混血によるどっちつかずの曖昧さという感覚は理解しがたいものがあるかもしれない。
 ……よく外国籍の方に話しかけられる私ですが、言語問題でこちらの意思を半分も上手く伝えられないというジレンマは感じても、人種差を感じることってないんですが、他の人はどうなんだろう……と、思わず考えてしまいました^^;<最新では、アフリカ系アメリカ人のオジサマに道を尋ねられ、しばらく道端で英語と日本語のちゃんぽんなおしゃべりをした女である…;;
 4つ星をポン!と。


【あらすじ】
    12:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
12
 
 いやはや……時機が来るのをじっと待つのはいいけど、ヒーローよ、ものには言い方があるし、虎穴にいらずんば虎児を得ずで、自分の心を安全地帯に置いたままヒロインの心をつかもうとしても、そりゃ無理ってもんでしょう^^;
 ヒロインについては、まったくそのとーり。過去にそんなことがあれば、よほど厚顔無恥でなければ二度目の冒険になど出られませんて。当然、二度目はヒーローが先に動かなきゃねw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    10:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
11
 
 ヒロインもヒーローも、純な心を持った人物。それゆえに余計な苦しみを抱え込むタイプ。
 ただ、本来人間はどんなに「いい人」と言われる人でも、負の感情を持たないことなど無理で、それを考えるとありえないキャラたちだw
 脇にヒロインの父やヒーローの母という、嫌な感じのキャラがいなければ、あまりにも空々しい物語になっていただろうなぁ。
 まぁ、二人のロマンスの行方だけに焦点を絞って読むなら、気にならないだろう。
 ということで、4つ星にしておこう。


【あらすじ】
    05:49 | Trackback : 1 | Comment : 1 | Top
 
10
 
 人間てものは、実に奇怪な生き物だな~と、あらためて思わせる物語。
 他の人と同じは嫌だと言いながら、しかし、みんなと同じでなければ不安に思い、結局、自分だけが「他の人とは違う」と思っているだけで実のところまったく他の人と同じという状況になっているのに、本人だけがそれに気づかなかったり。そして、他と違っていることをよしとすると言っておきながら、自分たちと違う者をのけ者にすることに疑問を感じてなかったりするし。
 発明だの芸術だのをその人の才能として認められるのに、なぜ、霊能力をそれと同じ才能のひとつだと認められないのか、とか。
 そういうことをつらつらと考えながら読み進めてましたw
 で、4つ星ってことでw


【あらすじ】
    08:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
10
 
 これまでのシリーズを読んだのかどうかまったく記憶がないので、物語の中の事件やら登場人物やら、どの程度前物語から引き継いでいるのかさっぱりでしたが、それでも結構楽しめました。
 何となく、ヒーロー一人がワタワタしているような感じがした物語でしたがw そこがハリセンものでもあり、笑えるところでもある。
 ということで、4つ星にしておきますw


【あらすじ】
    04:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
09
 
 ラスベガスを舞台にしたベガスらしい展開の物語。
 結末がHEなのはわかっていても、終盤に入ってハラハラしつつ笑えるのが気持ちいい。それ故に、エンディング・シーンで二人の仲を裂こうとしていた某女の様子が割愛されてしまったのは少々気になるところ。
 それから、あれほど結婚を嫌っていたヒーローが、いったいどの段階で結婚に踏み切るつもりになったのか、ちょっとよくわからなかった。
 それはともかく、なかなか面白かったので4つ星。


【あらすじ】
    03:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
08
 
 これは…なんとも言葉に窮する。怒りの感情がどれだけ非生産的で愚かしいかを目の当たりにするような物語かと。
 復讐に駆られる気持ちは理解できるが、どんな結果を想定して計画を練るか、冷静に考えるべきじゃなかろうか。復讐したい相手と同じ場所に落ちたら、復讐の意味などないっしょ^^;
 もうホントに、ヒーロー、馬鹿じゃないだろか;;;
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    02:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
07
 
 終盤でヒロインがヒーローを評して「ばかな男」ともらしておりますが……あんたのほうが馬鹿だよ……┐(-。ー;)┌ヤレヤレ とw
 もうね、言ってることが矛盾しまくってるのに、その原因が何なのか自己分析してじっくり考えようなんてことを小指の爪の先っぽほどにも思ってないんだもん。最後には何とかなるだろうというロマンス小説の定石頼みで読み進めてましたが、ほとほと呆れるヒロインでした。
 それから、結婚しないと決める前に、そういう間柄になれるかどうか試してみるほうが先だろう、二人とも……orz と、しょっぱなから脱力いたしました。
 あと、ヒーローの母上と姉上がた……わからなくもないが、それはやり過ぎです、勘弁してくださいorz<何のことかは読んでみてのお楽しみw<楽しみなのか?;;;
 で……3つ星かな。


【あらすじ】
    11:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2007年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。