夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
31
 
 EDシーンでのヒーローの台詞。
「救いを求めていない者を救おうとしても無駄だと思い知らされたよ」
 まったくその通りなんですが、相手を気にかけているとどうしてもそのまま放っては置けない気持ちになるものです。しかも、手を尽くさなければまるで自分が薄情者にでもなったかのような気になってくるのが厄介なところ。
 本当は、相手の苦しみに自分の感情をシンクロさせず、自分にできることがどこまでなのか冷静に見極めて、相手に現状を理解させて打開策を提示し、心を鬼にしてどこまでは手を貸せるがどこからは貸せないとはっきり伝え、相手が人に寄りかかったままでなく自分の足で立てるように道を示すべきなんだが。それがつまるところ、救いが必要にもかかわらず救いを求めていない者に救いが必要であることを自覚させ、適切な救いが与えられるように導くことになるわけで。
 それに気づくまで、時間かかりすぎだ、ヒーロー…ビシバシっ!という感じでした^^;<何気にハリセンの音が…w
 ヒロインに関しては、等身大で変に自分の気持ちを隠してプライドを守ることもしていないし、好感が持てましたw
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
スポンサーサイト
    00:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
30
 
 旅先のコンサート会場で一目惚れし、しかし一言も言葉を交わすことなくその場を後にして6年間、思い出を胸にしまっていたヒロイン、ヒーローが画策した偶然の再会で、夢に迷い込んだようにボーっと感慨に浸る暇もないうちにヒーローのペースに巻き込まれて、後は何が何やら…という感じの物語です。時折ふと現実にもどり疑問を持ったりしているんですが、突き詰めて考える暇をヒーローが与えてくれず、って感じがはっきり出ていて、読んでいるほうはハラハラいたしますw
 ヒーローのほうもどうやら6年前に一目惚れしていたらしいというのが、何とも微笑ましいw
 一目惚れの思い出と、策略のある出会いという、相反する性質が物語を緊張のある物にしていて、ヒロインのほうは裏でどんな策略がめぐらされているのかまったく気づかぬ獲物、ヒーローは捕食者という役割どころを振られており、物語はヒロイン側に立って読むように、ヒロイン視点で話が進んでいき、ボーっとしているヒロインに代わって、何かがおかしいと読者が疑問を持つようにできています。
 それで十分なのかもしれませんが、ヒーロー視点の場面やモノローグもいれて彼の策略と本音の葛藤を書き込んで、ヒロインにとっては物事の進みかたが早すぎるだけで幸せいっぱいという、惰性的なストーリーの進みかたにせず、ヒロインが感じている夢物語に、いつ爆弾が落ちてもおかしくないという緊張感を張り巡らせたほうが、読み手に飽きる暇を与えなかったんじゃないかな。実際、種明かしを最後まで引っ張られすぎて、しかもそれまでの物事の進み方にはスピードがあっても起伏がないので平凡になってしまい、飽きが感じられたので。
 ということで、3つ星。


【あらすじ】
    04:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
29
 
 ヒーローもヒロインも…おばかさん;;;
 まずヒロイン、自己主張せずに気づいてもらおうというのは虫が良すぎる。そして、何も説明しないまま最後通牒を突きつけ、わからないほうが悪いと腹を立てるのはやり方が汚い。心情は理解できるけどね^^;
 そしてヒーロー、何かがおかしいと気づいていて、ヒロインの態度が変わったことに苛立つ気持ちもわかるが、そこで原因を考え突き止めようとせずに、さも自分は傷ついている、こんな結婚はやめたほうがいいに決まってるという方向へ行っちゃうのは、あまりに利己的だし薄情だ。そもそも、自分は変わっていないのに相手が変わったとして、不和の原因がわからないなら、自分の何かが相手を傷つけているからだと気づけよ;;;
 とは言っても、ヒーローはヒロインに不満があるのかどうか聞いてはいるんだが。聞き方が悪かったのか、モノローグで書かれているため状況がはっきりしないのだが、冷たくあしらわれてしまって凹んだらしい。そこのところはヒーローの歩み寄りをはねつけたヒロインのほうに非があると思うが。
 ま、ともかく、全編通して結局は痴話喧嘩物語りなわけです^^;
 てなことで、3つ星で。


【あらすじ】
    01:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
 男嫌いが高じて女の園の教祖(?w)となったヒロインの母「男は敵よ!!」 VS. 愛人とっかえひっかえの妻を憎むあまり妻殺しの濡れ衣を着せられて女性不信になったヒーロー「女なんか信用できるか!」 飽くなき戦いはどちらの信念が勝利を得るか!? …………て……ヒロインはどこだよ……ぁ…あんなところにふわふわと漂ってる……<て、何それ!?w
 ぃやぁ…女だけの特殊な環境で育ったゆえか、このヒロイン、めっちゃ浮世離れした雰囲気がありましてw ちょっとよくわからないです、このキャラ^^;
 よくわからないと言えば、ヒーローもなかなか理解しがたいものがあるんですけどね;;
 まあ、ヒロインを狙った犯人は、やっぱりこいつかぁ~というオチも微妙なところで、全体的に「何なんだろうこの物語…;;;」という何ともよくわからん感じが残りました。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    02:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
 ……わけわからん……;;<ばっさり切って捨てたか;;;;
 や、わけわからんのはヒロインだ。ヒーローを5年間愛してきたというんだが、常識的にというか超能力でもない限り、その人物を愛せるかどうかは自分の見ている面で判断するものであって、そうなるとヒロインにとってヒーローは腹が立つ嫌な人物以外に位置づけられそうもない。例えば、表向きはあんな人だが本当はこんないい面を隠してるに違いない、と思える何かがあって初めて愛すべき人だと判断できるんであって、その【こんないい面】は絶対ありえないと思っているくせに、どうして愛せるんだ? 何と言うか、ヒロインの気持ちにまるで説得力がない。
 ヒーローはかなり屈折している扱いにくいタイプだが、この物語で体験したさまざまな事から、彼が人間らしい本来持っていた要素を取り戻すわけで、本当に書かれるべきなのはヒロインの視点ではなくヒーローの視点だということは明白かと。
 つまり、説得力の欠けるわけわからんヒロインの心情は一切書かず、ヒーローに視点を据えて物語の流れとともに彼の心の変化を書いていくべき。ヒロインの心情が書かれなければ、ヒロインがヒーローのどこを見て愛するようになったのか、読み手は疑問に思わずにすむし、疑問に思わなければ彼女にも共感しやすくなるわけで。それと同時にヒーローの視点で彼の心情が語られていれば、読み手は彼の表面上の態度に理解も及ぶし、共感できるはずだ。そうなっていれば、文句なく5つ星の作品になっていたに違いない。
 が、残念、2つ星。


【あらすじ】
    05:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
26
 
 EDシーンへ向かう場面転換直後のヒーローの台詞、「缶詰の鰯にでもなったような気分だ」……って、それ、どーゆー気分ですか!?www 缶詰なんて単語が出てきた理由は少し読み進めればわかるけど、それにしても、缶詰の【鰯】って…wwww 缶の中で「う~ん、極楽極楽…」なんてわけないだろうけど、頭落とされた鰯がごろ寝しながら「おい、お前、俺の肋骨に肘鉄入れただろう!」「それは事実無根ですよ。なぜなら僕には肘がないんですから」とか言ってたり……しないってwwwww<妙なツボに入ったらしい^^;
 それはともかく、ヒーロー自身も作中で言っておりますが、現代版ロミオとジュリエット的物語でございます。もっとも、元のロミオとジュリエットは親と戦わずして逃げたヘタレですが、この二人は窮鼠猫を噛むというか背水の陣でもって立ち向かいました。がんばったな、二人ともw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    05:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
25
 
 威勢のいいヒロインですw ただ、ヒーローが結婚相手にどうだろうかと考えている意地悪女が登場し、彼女のことをどう思ったかとヒーローにたずねられたとき、どうして冷静な態度で感情を排除した調子で率直な意見を言わないのかな。
 美人で可愛らしい容姿をしているが、人によって態度を変えたし、狡賢くて本質的な性格は悪いだろう、見る人が見ればわかるはずだ、と。そういうのはただ見たままを言った意見であって、悪口ではないんだし。聞かれたんだから、率直にそう言ってしまえばいいのに。
 そういう女性と付き合うことでヒロインの目にヒーローがどう映るか、評価が下がっても上がることはないとわかるだろうし、破れかぶれの無駄な足搔きでヒロインの気分を害したり傷つけたりすることもしなかったろうに。
 まぁ、この作者にしてはわかりやすいヒーローではあったがw
 てなことで、4つ星で。


【あらすじ】
    06:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
24
 
 なんというか、相変わらず作者デフォなヒーロー像でございます。さりげなく有無を言わせず食事に連れ出し、さりげなく家に連れて行き、罠にかけるようなプロポーズにうんと言わせ、首尾よく妻としてお持ち帰り……しかし、どういうわけか寝室は別で、自分の気持ちは一言も漏らさず、ヒロインに不安を押し付けるという。ハリセンだ!<唐突に宣言したな、おい;;
 してこのヒロインは、外見などは2番手デフォで美人で気立てよく家族円満。しかし性格のほうは完全に作者デフォで、仕事はできても私事には少々優柔不断な気のある曖昧さを漂わせております。そのせいか、ヒーローの言う、友情と信頼があれば愛なんて必要ないという感じの結婚の理由に、うっかりその通りだと思ってしまうところなどはハリセンものです。
 まったくの間違いだとは言いませんが、その理由で結婚しても大丈夫だと私が言う(実際某友に言ったが)としたら、プロポーズをしたヒーローのほうがヒロインを愛している場合で、そうれならその時点でヒロインがヒーローを愛していなかったとしても、信頼できて友情を感じるなら、そのうち愛するようになるだろうから、結局は愛のある結婚になるという見通しが立つからで。
 つまるところ、ヒーローがプロポーズのときに、さも自分もヒロインに愛情は持っていないよみたいな態度をとったのは、大間違いなんだぞ、と。しかも結婚した後もその態度を崩さないんだから、大馬鹿者だ。
 てなことで、3つ星。……そろそろこの作者の物語は飽きてきたかも知れん……;;;


【あらすじ】
    09:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
 第一話と同様に、自分の望む姿と母親(伯母)の望む姿の違いに苦しんでいるヒロイン。しかもずっとヒーローを想ってきて、ヒーローもヒロインを想っているという状態にもかかわらず、ヒーローはヒロインが彼女の伯母の望む姿だと誤解している上に、身分違いだと思い込んでいて、八方塞の状態に。これではヒロインでなくとも爆発いたします。
 親はやはり我が子の将来に夢を見るものですが、親の夢を子供に押し付けるのは、やってはいけないことでしょう。押し付けているつもりはないんでしょうが、こうしろああしろという指図が、自分のためのものなのか子供のためのものなのか、そこのところよく考えなくては。子供のためと思っていても、突き詰めて考えると実は自分のため―――子供はこうあってほしい、子供にこういう未来を歩んでほしいという、自分の望み――――であって、実際に子供が目指しているものには必要ないことである場合も少なくないのだ。親として、子供の自発的意見を無視するのは良くないし、本来は親として一番考えるべきなのは、子供の自発的意見を真剣に受け止め、子供が目指す場所へ歩いていくための助言や支援を与えることなんではないだろうか。
 ま、この物語の場合、ヘタレなヒーローにボロボロにされながら、突破口がないような状態にもめげず、出口がないなら自分で作るとばかりにがむしゃらに突き進む根性を見せたヒロインに、理解を示して支援の手を差し伸べた伯父の存在が光ってましたw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    07:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
 内気で臆病で冴えない見かけのヒロイン。幼少時代にほとんど人と接することなく育ったら、大人になっても人と接するのに臆するようになるだろうな。だって、どう対処すべきか学ぶ機会がなかったわけだから。とは言っても、それが本来の性格にはなりえないのも確か。どう対応すべきかを知って場数をこなせば慣れるわけで、慣れればそれほど臆することもなくなるんだし。そうして初めて、人と関わるのが好きなのか嫌いなのか、どう関わることを好むのかがわかってくるわけだが、それこそが本来自分が持っているものなんじゃないかな。
 で、ヒロインは、綺麗なドレスを着て舞踏会へ行くわけだが、その姿の自分は本来の自分ではないと思い込んでいる。つまり、普段の自分ではなく別人を演じているつもりでいるわけだ。が、服装を変え、髪型を変え、化粧を変え、名前を変え、普段の自分ではないように振る舞い、別人になった思ったとしても、それは本来自分の中にあった要素でしかない。もしも、服だの髪だの名前だのを変えただけで、元から持っていない要素を演じることができるとしたら、この世の女性は全員アカデミー賞ものの女優になれますってw つまり、自分が持っていない要素を演じるなんてことは、素人にできるわけがないってことで。自分にとって好ましい【別人】を演じることができたとしても、それはすでに元から自分の中にあったものなのだと気づきさえすれば、いくらでも自分を変えることができるんだというお話でした。
 ヒーローはといえば、変身前に何度かヒロインに会ったことがあるのに存在に気づかなかったのは失態だと自分を責めておりますが、無理だってw 以前はその人となりを理解できるだけの会話が成立してなかったんだもの。それなのに気づけたら、それはそれで怖いぞw まぁ、ヒロインの見かけだけで【注意を払う必要のない存在】だと無意識のうちに削除していたことについては、確かに反省の余地はあるともいえるが。
 ということで、4つ星。


【あらすじ】
    05:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
 「あなたのためになることをしているのに」という母親の言葉は、娘にとっては呪詛と同義である。母親に娘に対する愛情があろうとなかろうと同じ。アイデンティティがなく、ないことに何の疑問も持たない娘なら、母親の指図に疑問を持たず従うことができるだろう。
 が、このヒロインはしっかりとアイデンティティを確立しており、それが母親の希望と相容れないことで苦しめられ、母親への愛情を持ちながら自分の人生を取り戻すために反旗を翻すわけだが、それが傍目には遅くなった思春期の反抗に見えたわけだ。実際の思春期の反抗とは、アイデンティティ確立のための模索行為が反抗という形を取ったもので、このヒロインのものとは質が異なる。
 ヒロインは、アイデンティティ確立時に反抗という形を取らなかったため、進退窮まるところまでいってしまったんだろうな、とw
 やり方は確かに少々子供じみてはいるけれど、母親の言いなりになるまま自分を殺すことを良しとせず、自分の人生を決めさせないように立ち上がった勇気は褒めたいところだ。
 で、ヒーローは…まぁ、短編集だったためページ数も少なめだったからと考慮して、シカゴへ逃げ出した後戻ってくるまでにどんな心境の変化があったのか書かれていなくても致し方ないが、しかしそれが書かれていないために、エンディングでのヒーローの行動があまりにも唐突で不可解に見えたのは否めない。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    03:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
22
 
 16歳の頃から銀行で働いてきたというヒロイン。16歳って、未成年だよね。でもって、高校を卒業しているわけだから、つまり、アルバイトからのし上がってきたってことか? すごいな~…このヒロイン。
 実際にバイトから正社員に引き上げられることはあるが、女性ではあまりそういう話は聞いたことはないし、16歳の若さでその仕事を長く続けようと思えたらしいところなんか、現実離れしているような感じはする。良いとか悪いとか、ありえないとか言うつもりはないし、リアリティを追求すべきだとも思わないけど。ただ、御伽噺っぽい浮遊感があって、どころなく不思議な感覚が残る。<それもただの主観だがw
 んで、ヒーローは漫画家……アメリカの漫画家って、編集部で書くのが平均的なのか~……という、日本の漫画家とはかなり違うらしい様子が垣間見えたりいたしました。何と言うか、システマティックな感じが面白いw
 特に面白いキャラは、ヒーロー犬のタズ。中盤から後半にかけてどんどん出番が減っていって、しょぼ~んでしたがw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    02:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 電光石火のヒーローのプロポーズに噴いた。飲み物飲んでる時じゃなくてよかった~。
 そして話は8ヵ月後に飛び、何と結婚しちゃったらしいヒロインに、再び噴いた。飲み物飲んで―――以下省略―――。
 結局、自分自身のことも含めて、お互いのことを何もわかっていないことが爆薬となり、相次ぐ不測の事態が起爆スイッチとなって、一つの爆発から連鎖反応を起こして次々に爆発していくという……めっちゃ派手な爆破劇になっております^^; ハリウッドのアクション映画も真っ青だなw<違うって;;;
 問題にぶち当たり、感情を爆発させながら、己の心を探っていくヒロインの姿を見守りつつ、はたして自分はどうだろうか…と一緒に自分を振り返ってみたりしたワタクシでした。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    11:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
20
 
 オーストラリアに滞在するために結婚しろとは…ヒロイン友もものすごいことを考えるもんだw しかもすでに手回ししているという、用意周到ぶりに大笑いww
 なんというか、生暖かい調子で恋に落ちていくという感覚がある物語です。……生暖かい調子って、いったいどういう表現だ;;; いや、でもね、微笑ましいカップルだよ、うん。
 ヒロイン友たちとのやり取りや、小さな問題がいくつか持ち上がったりとか、ヒーロー家族とか、登場するキャラが結構いてエピソードもこまごまと入っているので、二人だけのやり取りが何となく少なくなっているのが少々物足りないかも。ページ数二倍にしてもよかったんじゃないかな。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    09:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
19
 
 プロローグでいきなり修羅場に放り込まれ、唖然と目を白黒させられましたが、不気味な影をにおわせる件に期待をあおられるという……掴みはばっちり!ww その後本編は十年前の二人の出会いまで遡って始まるわけですが、奔流になすすべもなく巻き込まれて決裂した後、一気に十年後に飛んでしまったのがちょっと惜しい気がいたします。その十年の間、別々の人生を歩んでいた二人が、どう暮らして何を考えていたのか知りたかった。どちらも平穏ではなかったはずだし、決裂したときの二人の気持ちが十年の間にどうしてこれほど険悪になったのか、その原因の一つにはちゃんと触れているけどどう考えてもそれだけでは足りないような気がするし、他にも何か理由があるんじゃないのかな~と。他に理由がないにしても、十年間の思考を細切れでいいから書いてあれば、読み手はあっちからこっちへの感情の移行がもう少しスムースにできる気がする。
 で、プロローグでにおった不気味な影ですが、犯人の姿は最後にようやくはっきり出てくるものの、それをにおわす伏線が大きすぎてバレバレw 推理の楽しみは考えずに読んだほうが楽しめるでしょう。多分、サスペンス要素を大きくするためには、某彼女にもっと動いてもらう必要があると思うし、そのために用意されていたキャラのような気がするものの、ページ数が足りずに断念して作られたような感じがいたします。これだけでも通常の3倍のページ数だしw  読み応えとしては、サスペンスが薄くてもいけると思われます。直向な愛情を根底に、さまざまな障害が引き起こす相反する感情と葛藤に翻弄される二人の姿をじっくりごらんいただけるかとw
 ともかく、4つ星で。


【あらすじ】
    01:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
18
 
 【水曜同盟】のこれまでのシリーズ中では、内気でちょっとおどおどしているという印象があったと記憶していたこのヒロイン、何か、思いっきり人格違ってるんですが、私の勘違いでしょうか;; それとも、本来はこういう人だったのか、ヒロインw
 ヒーローは…『レディ・アニカの謎』だったかで殺されてしまった、【水曜同盟】のメンバー、コンスタンスとカップリングされていたお方……結構前から顔を見せていたわけですが、私の記憶があやふやですっきりしない。いっそ、関連作全部一気に読み通したほうがいいのかも……って、そういえばもう手元にないんだったっけか;;;;
 しかし、地どころか穴掘った深くまで落ちた観のあるヒロインの評判ですが、その後どうなるんだろう……と、それがかなり気になる。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    02:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
17
 
 ぅをっ!?お子ちゃまヒロインっ!? と、一瞬腰が引けたのですが、行動にはところどころ子供じみた軽率さが見られるものの、結構しっかりと考えてたりするので、思ったより悪くなかったです。
 主役二人をはじめ、周辺のキャラもなかなか面白かったし。ヒロインのアクをヒーローのキャラがうまくカバーしているような印象があり、しかし読み終えて思い返してみると、どうもヒーローの個性がはっきりしないような妙な感覚があるのが不思議ですがw
 特に面白いと思ったのは、ヒロイン両親w 妙に記憶を揺さぶられる二人だが、彼らが主役の関連作でもあったっけか?と思ったのですが、本のほうにはそれらしきことは書かれておらず。
 とりあえず、4つ星。

【訂正追記】
 ヒロイン両親の件。やはりありましたw
 本のほうには何も記されてませんでしたが、作中で語られていた両親の冒険談と、キャラの名前が合致いたしましたので、あらすじ最後に関連作として追加しました。


【あらすじ】
    07:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
16
 
 こういうヒロインが見たかったんだよ~!! 観察力分析力に長けたヒロインはこれまでにもいましたが、それらはすべて決断に感情が先走っていて、ここまで完璧に冷静に判断を下せるヒロインはこれが初めてです。して、これまで私が熱望してきたヒロインが、まさに彼女。これ以上何を言う必要があろうか…というものですが、ヒロインと同類で何事にも動じないヒーローもよかったぞ、とw
 ミステリー仕立てとは言っても、謎は簡単すぎて全貌はすぐ察しがつく上、それがすべて当たりでやられた感は望めないので、素直にロマンスとして読んだほうがいいです。ミステリー要素は、ヒロインのキャラを引き立てるスパイスのつもりで……てか、作者もそのつもりだったんじゃないかな。
 ともあれ、文庫とハードカバー以外は、気に入って5つ星をつけてもめったに手元に残さないけど、これは手元に置いとかなきゃ!w
 てなことで、文句なく、5つ星w


【あらすじ】
    04:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
 滑り出しは洒落た雰囲気。とは言っても、思わせぶりな言葉で互いの腹を探るような、私から見たら子供じみていると思える会話を、一般的には「大人のゲームを心得た洒落た会話」などと言ったりしますが、ここは私の感覚で物を言っているのでこの一般的なものとは正反対だとお考えくださいw つまり、思わせぶりな台詞ではなく、率直な言葉にユーモアを絡めた会話のやりとりを、大人らしく冷静に楽しんでいるということで。率直な言葉は、それを表面的に聞く人を時として不愉快にし怒らせるものですが、聞くほうが大人としてのたしなみを持っているなら、楽しめる洒落た会話になるのだという見本を示しているようなシーンでした。
 もっとも、その後は厄介を巻き起こすキャラが入り乱れて、てんやわんやの展開になっていくんですがw 何と言うか、交通量の多い交差点の信号機が故障して、車も歩行者もごちゃごちゃになって身動きが取れない大混乱状態…という光景を彷彿とさせるような展開に、ハリセンを警笛に持ち替えて交通整理したい衝動に駆られました。<って;;;; すごい光景を想像したな、私;;;;;;
 ともかく、5つぼ…いや、4つ星にしておこう。


【あらすじ】
    04:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
14
 
 一言で言えば、純愛物…かも?<かも?って何ですか;;;
 ヒーローにもヒロインにも、ハリセン振りながらたしなめたい心境に駆られる物語でありますが、ヒーローがアメリカで知り合ったという親友が代わりを果たしてくれたようなので、ワタクシの出番がなくなりましてよ。<はじめから出番などないんだってば^^;;
 代わりに、妹の心情にまったく気づかないあまりにものんきなヒロイン兄に、八つ当たりのハリセンをお見舞いしておきましょうか。<この女は;;;;
 コンパクトにまとめるという意味では、最後になって新たなキャラを登場させて仲を取り持たせるより、ヒーローの昔からの親友でもあるこの兄を取り持ち役で噛ませたほうが良かったんじゃないかな~という気がしないでもないが。あーしてこーして、でもってそこで~…って、かなり違う展開になりますね^^; 私としてはそのほうが好みですがw<この馬鹿女は;;;
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    00:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
13
 
 何と言うか…ヒーロー、大丈夫か、おぃ?( ̄  ̄; って感じなんですが。<そんなコメントでいったい何がわかるというのだ、私よ…orz
 ヒロインもまた、誤解を招くようなことをしておいてそのまま放置なもんだから、余計場が混乱するという悪循環なんだが、それにしてもヒーロー支離滅裂w できることなら、彼の頭蓋骨カチ割って、どれくらい煮詰まっているか見てみたい……無理か。
 ともかく、キャラがどんどん混乱を巻き起こし、読むほうはついて行けずに置いていかれて呆然とするような感じの印象が残った。
 ということで、3つ星。


【あらすじ】
    05:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
12
 
 テンポが軽快でキャラもフットワークが軽く、大笑いはしなくとも小さな笑いがところどころでこぼれる、コメディ調の物語。
 職業を考えるとヒロインの純真さは少々説得力に欠けますが、物語の調子にものすごくマッチしているので不問にしましょうw<だったらわざわざ書くなよって?w
 そしてヒーロー、はじめからヒロインにメロメロ(死語w)らしいのがなかなか面白いw てか、こういうのが普通っぽくていいw ロマンス小説は、たいがいリアルではありえんと思える態度だったりするから、なかなか新鮮な感じがいたします^^
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    00:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
11
 
 私、ヤバし!!w ヒーローがシェフだ!ww 例によって例の如く、ハラヘリ警報発令だ!!www と思っていたんですが、実際には具体的に料理名が出てくることはなく、完成したブツ(<ブツってw)の描写より、調理過程や料理というものに対するヒーローの考えなどだったので、ハラヘリにはなりませんでした。残念w<ハラヘリになりたかったのか、おい;;
 しかも、最近はあまりないですがワタクシのお仕置きバリエーションNo.2【業務用冷凍庫行きの刑】のお株を奪うかのごとく、ヒーローが自らすすんで冷蔵室に入って行きました。ヒロイン持ち込みで。この場合、ワタクシはどーしたらよろしいでしょうw 冷蔵室の外からハリセンでドアをバシバシ叩きましょうかw<それにどんな意味が?;;;<意味は、ない。<ただの悪あがきか…;;;;;
 しかしこのヒーロー、かなり可愛気がありますw 名声を手に入れていながら、どことなくスレたところもなく純粋さが漂っているという……ヒーローでこれは、かなり珍しいキャラかも。
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    13:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
10
 
 サスペンスとファンタジックな要素が入ったコンテンポラリー……何とも豪華な物語だなw
 普通と違うことで大打撃を受けて以来、普通であろうとして現実から目を背けていたヒロイン……無理だよ…いくら見ないことにしたって【自分】はどこまでもいつまでもついて来るんだから…;;;
 ということで、自分を受け入れないヒロインにハリセンを景気良くお見舞いいたします。
 てことで、5つ星。


【あらすじ】
    12:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
09
 
 ばらばらに悲しみや苦しみに飲まれていたキャラたちが、一つの家族にまとまりながら未来に希望をともす、心温まる物語。……て、えらく珍しくまともな出だしになったな、おい。槍でも降るんじゃなかろうか。<あ、ひどいTT<自分で言ってグサッときてる愚か者発見w
 今回の栄えあるハリセンは~……ボリス! 君に決定だ!<って、犬かぃっ!?
 ヒロイン姉妹絶体絶命のときに、カモメなんか追いかけて遊んでるんじゃありません!w ぃや、絶体絶命の緊張感の中、楽しそうに走り回る彼の姿があまりにおかしくて笑えたがなw
 悲壮感と希望の間で揺れ動く物語は、えてして読者に重苦しさを感じさせるものだが、キャラにも会話にもそれとなくユーモアが織り込まれていて、ほのぼのとした温かさが感じられた。
 ということで、5つ星。


【あらすじ】
    03:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
08
 
 ヒロインの直向な姿には頭が下がります。不幸な少女時代を思えば、厭世的な刹那主義になってもおかしくないのに、他の人のために身を粉にして頑張れる人はそんなにいないだろう。
 ヒーローに関してはちょっと疑問は残るんだが。話の流れから垣間見る亡妻との生活を考えると、そこまで悲しむほど深い愛情があったようには思えず、本人がそう思っているのはただ単に失ったものを美化した結果のような気がする。とは言っても、他人が見るのと本人が感じるのとでは違って当然だし、あくまで物語なんだからと言ってしまえばそれまでだが。それでも私の目にヒーローの姿は、ちょっと情けなく映ったのである。
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    08:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
07
 
 ヒロインの真っ直ぐさが印象的。でもって、幽霊カップルが……面白いw どちらのカップルも少々男性陣が女性陣に押されている感はあるものの、比較的穏やかに物語が進んでいき、起伏も緩やか。
 ま、シリーズ通して問題になっていた例の件、犯人はやっぱりあの人だったか~という結果ではあったが、結局最後には厄介者キャラだったはずのあの方も交えて大団円という、第1話で受けた【不思議兄弟】の印象そのままの終わり方が笑えたw<笑うのか;;;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    13:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
06
 
 家庭が欲しくて結婚に逸る、ロマンス小説では少数派のヒーローが面白い。ヒロインはちょっと混乱気味ではありますがw
 面白いと言っても笑えるというのではなく、微笑ましいといった感じで、強く印象に残るわけではないが、時間が経ってからふと「もう一度読みたい」と思うタイプの物語です。
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    05:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
05
 
 重い……かなり重い……果てしなく重い……;; が、言い換えればその分考えるネタが満載だということで、じっくり分析しつつ読むにはもってこい。
 構成自体が[現在]とキャラそれぞれの[過去]を行ったり来たりするので、さっと読み進めていると暗くて散漫な印象しか残らないかも。所々で立ち止まって考える時間を持ちながら読むほうが、物語の旨味が出ると思われます^^;<旨味って…;; 腹へってるのか、私?;;;
 仕掛けとしては、某彼Aがアレでヒロインがアレで、さらに某彼Bがアレで、あーなってこーなってる関係なんじゃないかな~と思ったのが大当たりで、ちょっとやられた感は少なかったか。<何言ってるのかわかんないよ、おい;;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    01:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
04
 
 リバイバルなのに、何度か誤植が……。これは印刷所で活字を組んだときのミスなのか、はたまた編集者の見落としなのか……気になって気になって><;; 気になると言えば、もう一つ。翻訳文が少々気になる。台詞部分はいいけど、地文で助詞を省略する話し言葉は使わんでくれ;; 日記とかエッセイみたいな私的な文章じゃないんだから;; 私自身きちんとした日本語を使えているかといえば自信はないが、仮にも文章で生活しているプロなら、もうちょっと気をつけてほしいと思うのは私だけだろうか;;;
 近年、プロにあるまじき日本語の間違いが多いけど―――例えば[他人事]のルビが[たにんごと]になってたりとか、本来[眠れない]のはずが[眠られない]なんていう、ラ抜きどころか活用を無視して余計なラがくっついてるとか―――地文で話し言葉なんて、はじめて遭遇したぞ;;;<台詞書きで主語の後に助詞をつけないのもはじめて見たけど、これは台詞だからおかしくないと思うが。
 何かもう、根本的な日本語のおかしさに気を取られて、ちょっと物語に身が入らなかったよ;;;
 が、一つだけ。珍しく自分の気持ちに気づくのが早かったのは、何とヒーローだった!w そこのところはかなり気を良くしたワタクシでしたw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    14:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。