夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
31
 
 患者になった医者ほど手に負えないものはないと言われるようですが、このヒーローはまさに絵に描いたように…と言うより、それ以上に手に負えない患者でございます。
 何と言うか……自分だって医者なんだから、ヒロインの立場に立って物を見ることが出来るだろうに、何を子供のような駄々こねてるんだ、スパコーン…!てなもので。<容赦ないな;;
 ヒロインは職業倫理と女としての気持ちとの間でひどく葛藤しておりますが、療法士として対応しようとする姿勢はなかなか好印象。
 とりあえず、4つ星で。


【あらすじ】
スポンサーサイト
    12:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
31
 
 婚約者を亡くしてどん底のヒーロー、しかし時々出てくる婚約者についてのモノローグから情報量が増していくたび、どんどん私の首は斜めに傾いでいく……;;;; そしてつい「ヒーローよ……ちゃんと起きてるかぃ? 起きたまま夢見てないかぃ?^^;」とつぶやいたとかつぶやかなかったとか。<どっちやねん;;<どっちでもいいから、一発ハリセンかましとき。そしたら目が覚める……わけないかw
 ヒロインのほうは愛する父を亡くした悲しみに浸る間もなく借金を抱えていることが発覚し、しかもその額がどのくらいになるのかさっぱりわからない状態という、途方もない苦境に立たされてただでさえ怒り心頭だろうし、自分の家を我が物顔で使う他人に対して寛大になれるような心境じゃないのはよくわかる。誰でもいいから当り散らしたい気になったっておかしくないだろう。
 そんな状態でヒーローとご対面したわけで、ヒーローに対するヒロインの印象ははじめからよくないのだが、ヒロインがそんななので当然ヒロインに対するヒーローの印象もいいはずがない。いやまったく、この二人ははじめから前途多難、困難山積みって感じでございます。
 二人がはじめの難関である敵対心を克服した後も、相変わらずヒーローは亡き婚約者の記憶にしがみついてるし、ヒロインはヒロインで本心とは違うのに諦めているし。
 二人にとっては間の悪いときに登場したお邪魔キャラですが、彼女が出てこなければ、この二人、結局いつまでも自分の心を真正面から見もしなければ当然心をさらけ出して相手と向き合おうともしなかったでしょうな。お邪魔キャラに二人とも、感謝しときなさいよw
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    08:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
31
 
 うーん……ファミリードラマ的な山場はあれどそれも低く、ロマンス的にはほぼ平坦。ややもすれば【山なし落ちなし意味なし】の危険ありな物語。
 ヒロインの綺麗好き加減は生い立ちからきているのだろうとは思うが、病的な潔癖症に見える。にもかかわらずセックスに対する嫌悪感があまりにあっけなくすっ飛ぶのも不自然に見えて、私的には遠慮したいヒロインです。
 ヒーローも、はじめは氷の女王のように落としにくいヒロインを落とすことは楽しみの一つのように言っていたにもかかわらず、何の葛藤もなければ突然閃いたような衝撃もなくヒロインに対する気持ちは愛だと認識しちゃうのも、何だかなぁ~と。
 あらすじを読んだ時点では結構面白そうだと期待していたのに、残念だ。
 てなことで、1つ星。


【あらすじ】
    01:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
30
 
 シリーズ名を裏切るような内容でございます。ワタクシとしては、それでまったくかまいませんがw 何と言っても、六年経って巡ってきた二度目のチャンスを確実に捉えようと、じっと我慢のヒーローがいいです。
 でもってヒロインは性格的には悪くないんだが、行動がわからん。というか、優柔不断。ヒーローに対して、もう終わったことだだのこれから先なんてないだのと言っているのに、あっけなくコロッと前言撤回しちゃうその神経はどうなの、お嬢さん;;;; 思わず、おいおい待て待て、自分の中で問題にはっきりケリがついていないまま棚上げするなんて、性格的に気持ち悪くなるんじゃないのか?と、キャラとしての性格確立に少々疑問が。
 通常の二倍のページ数だったからか、ヒーロー弟カップルとヒーロー母カップルの恋愛の進行などもかなり書かれていたけれど、どれも中途半端で、わざわざ話の中に入れるほどのものだったのだろうかとも思う。
 いろいろ考えると、ページを二倍にするほどの物語じゃないと思える。話の展開としては問題ないんだけど、ヒロインの作りこみに失敗していて、それがページ数に対する構成にモロに出たって感じがいたします。
 てなことで、2つ星。


【あらすじ】
    12:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
29
 
 この物語がシリーズ最終話、すべての事件が解決され……てないと思うんですが^^;; 謎の失踪事件や死亡事件は残っているし、いきなり非現実的な展開で透明人間にされてしまったあのお方は、いまだに透明なままなんですが……どうなるんですかこれらは;;;; 解決したのは森林火災だけやん;;;;
 いくらなんでもこれで本当に終わりにしていいのか!? とはいえ、これこそリレー作品のリスクですが^^;; 謎の失踪だの死亡者だの透明人間化だのは、どうも途中で考えなしなご都合展開で足されて、その処理はあとの人任せでここまできちゃったっぽいな。このネタを最終話でどうにかまとめろというのは、惨いぞ;;;; と、思わず今話の作者に同情いたしました。
 そして今回のヒロインとヒーローですが。ヒーローが沈んでいる海溝はかなり深いです。そしてそこから愛と根性と忍耐とでヒーローをサルベージしたヒロイン、天晴れ!w
 作中で、ヒロイン母がヒーローにかなりいいこと言ってまして、ワタクシにも目からウロコでしたw ちなみにそれはP148に出てきますw<引用せんのか?<ぃや、長いから;;;<んじゃ、ページをマークして保存だなw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    07:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
 自分の望みのためなら、親友であるヒロインを騙し、その子を駒に使ってヒーローを陥れることをいとわない……なんつーおっかない女だろう、ヒロイン友って><;;; しかし彼女にもささやかながら良心があったようで、報いを受けた模様。
 こんなふうに、自分のしたことの報いが返ってくると実感できるなら、世の中はもう少し平和になるだろうになぁ……と、何だか物語とはまったく関係ないことに思いを馳せてしまった物語でありました^^;;; ぃや、やらなきゃいけないことを先延ばしにすれば、十分その報いは返ってくると身をもって体験していますが、しかし自分の利益のために他人に害をもたらした結果ということに関しては、私自身はそんなことをした記憶はないし、覚えていないというだけで実際にはあったとしても、またそれの報いを受けているとしても、その相関関係に気づかなければ意味がないよな;;;
 それはそれとして、ヒーローとヒロインの間にある過去のお話ですが、作中でちょこちょこと過去に何があったかということは書かれているのですが、どうも鮮明さに欠けるというか。ヒロイン視点だけなので、彼女がそのときどんな気持ちだったかというところははっきり読み取れるんですけど、ヒーローの姿が不鮮明。当時どんな感じの人物だったのかがよくわからん。変わった変わったとヒロインは言うてるが、付き合う女性をころころ替えるなんてのは所詮ヒロインがそのとき耳にしていた噂でしかなく、実際にその様子を見て自分でそう評価したわけでもなし、結局どんな人物に見えていたのかが謎。何だか、その当時のヒロインは浮かれているだけでヒーロー自身をきちんと見ていなかったんじゃないだろうか、という疑問を感じずにはいられなかった。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    04:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
 ヒロインが問題の館に到着してからしばらくは、何となく不気味な雰囲気が漂っている物語で、コレで幽霊でも出てきたらゴシック小説になるぞとつぶやいたワタクシ。…私の期待はかなうことはありませんでしたが。<てか、そんなことを期待するなよ;;;
 それにしても実にドラマティックな物語であります。
 ヒロイン視点のみなので、ヒーローに関してはわけわからん態度が見られますが、彼なりの理由あってのことなのは読者にとっては周知の事実ってやつなので、ぜひともヒーローの葛藤をヒーロー視点で見てみたかったという不満は残りますし、それがあったらもっとドラマティックになっただろうことも予想できます。しかしそうなると、ロマンス小説という枠からかなり外れてしまうだろう事もしかり。ヒロイン視点だけでさえ、ロマンス一色ではなく社会派小説っぽい色がかなり出てますので。しかし、問題解決の鍵は、やはりこれはロマンス小説であると証明するように、ヒーローとヒロインの深い愛情にあるわけで、それを考えるとヒーロー視点がないほうがいいのかもしれないという、逆説的結論になるのでした。
 ……しかし…読んでいる間ずっと、頭の中で稲垣潤一が[ドラマティック・レイン]のサビだけをくり返し歌っているんですが……誰かどうにかしてくれまいか^^;;<自分でどうにかしなさい。
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    08:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
 現在、スパムなコメントが1時間ほどの間隔を置いてしつこく投稿されているため、コメント表示を認証制にさせていただいております。
 まともなお客様には少々印象はよろしくないかと存じますが、なにとぞご了承くださいませ。


 てなことをしたとたん、スパムが止む不思議^^;
 しかし、しばらくはこのままで。てか、認証制をデフォルトにするかもしれません。
    05:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
26
 
 じれったい。ヒーローのジキル&ハイド的な態度や攻撃的な言葉もそうだけど、ヒロインの混乱模様やプライド的隠し立てなんかが、余計に二人の関係を悪化させているのが見えるから、読んでいると非常に腕がうずうずします、ハリセン振り回したくて^^;
 最終的にはヒロインもヒーローも、愛とは何かという命題の答えをはっきりと得るので、大きくうなずいたんですがw
 二人が得た答えは、私が恋愛相談にのったとき相談者に言っていることとまったく同じで、何度も言葉を変え視点を変えて説いていることであります。が、実際にそれを聞いた相談者は「そうか…そうだよね…」とか「目から鱗が落ちたような気がする」などと言いいながら、その後の言動はまったく変わらず、本当には理解していないのが手に取るようにわかり、ワタクシとしては「……やっぱ、駄目かぃ……orz」という無力感を味わうことが多々あります。本来はこの物語の二人のように、自力で手に入れなければ真の意味で理解できないのかもしれないと思うので、相談者にはいつも説いた後に「よく考えなさい。そして自分の言葉で答えを出しなさい」「私の言葉を上っ面で考えるんじゃなく、ちゃんと自分の中で吟味して考えなさい」と言っているのですが。
 二人が答えにたどり着くまでは、暴れたくなるほどじれったい物語ですが、それを帳消しにできるラストだった。ただし、場面としては実に説明的で、ダレた感じがするのが惜しい。
 ということで、4つ星。


【あらすじ】
    02:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
25
 
 えーと……人物相関関係やカップリングにまつわる物語や店の状況などは、シリーズを通して読んでいて記憶に残っていれば問題ないはずだが……私の頭の中ではめちゃめちゃでした^^;;;;; 読んでない話もあるし、何せ一ヶ月に読む本の量が多くて思い出せないことが多すぎた。ので、ちょっとバックグラウンドが頭の中でヤバい;;;
 今回のヒーローとヒロインですが。
 ヒロインは地に足が着いてなかなか堅実派の印象があり、おうおうにしてそういうキャラだと恋愛に対してもドライ思考に作られることが多いのですが、このキャラは逆で情のあつい女性。バランスのいいタイプ。
 そしてヒーローは、家族との絆が絶たれた過去に囚われている、やり手のプレイボーイ…で、普段はユーモアのある悪っぽいキャラらしいというのがヒロイン評なんだが、その[普段]の光景が入っていないのでどれだけ違いがあるのか、読んでいるほうにはわかりません。残念。はじめの10ページくらいは普段の光景を書いて、それからヒーロー家族の問題に突入してくれたら、よりヒーローのキャラと変化が見えてよかっただろうに。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    02:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
24
 
 私好みのヒロインw 大地に根付いたような優しさと、心が動揺しても冷静に判断できる聡明さがあり、もしかしたら完璧すぎるかもしれない。唯一欠点と言えそうなのは、自分に対する自己評価が低く、それが謙虚すぎると見えることがあるところくらいか。それでも自分を卑下するでもなければ自己憐憫になるわけでもないので、美点のほうに傾いているんだが。
 ヒーローはそれなりに面白いキャラです。それなり、とくっつくのは、個性らしい個性があまり見当たらないから。人をからかう癖があることと、自分にとって大切な人だと思う人をとことん守ろうとする正義感なところが、このヒーローの個性。
 物語がキャラの個性よりもストーリーに重点を置いているので、主役といえどもクローズアップされるのではなくちょっと引いた視点で書かれていると思える。三部作の一話目ということもあり、二話目、三話目に続くベースをしっかり書き込もうとすると、こんな感じになるだろうな。で、今後2作のヒーロー候補になりそうなのが3人…もしかしたら4人。ヒロイン候補が2人というオーダーなので、どうなるのかがちょっと楽しみだったり^^;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    01:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
 『贈られた花嫁』の二人の結婚生活編。
 物語開始からいきなり危機勃発!てな感じで、いったい何があったのかと思いきや、何だかあんまり深刻度低くて肩透かしをくらったような気がいたしました。しかもその危機もあっさり片付いちゃうし^^;; その後、再び何か危機でもおとずれるんだろうかと、半ばワクワクと不謹慎な期待をしていたのですが、まったく平穏無事に幸せ家族のクリスマスという展開に、ただただ絶句。
 文句をつけたくなるほど不愉快なハプニングがあるとかキャラがいるとかいうわけでもなく、愛があふれる幸せ家族というのは読んでいるほうの頬も緩むのですが……いいのか、これで?;;; これがプロの書く物語と言えるのか?;;;; と、ちょっと微妙な気分になるのも確かで。で、ついこの作者の他作品メモを確認……眉をひそめるようなネタだのキャラだのが少ないせいか、お気に入り度はだいたい高めにつけているようですが、危機感の低さやそれゆえなぁなぁ的惰性の物語というスタイルは、この作者のデフォルトらしい。こういう、惰性でいいからただただ幸せ~なだけの物語が読みたいというときには、まさにうってつけの著者ですが、ちゃんとした物語が読みたいというときには避けたほうがいいと思われます。
 そして、出会い編で感じたヒーローのキャラは、そのままでした。それがよかったのか悪かったのか、悩むところだ;;;
 で、どうも次の関連作を匂わせるキャスティングがあり。ヒロイン妹のケイトと、今のところ友人であり、ケイトの片思いらしい男性アラスデア。次の物語の主役がこのカップルになるかどうか、乞うご期待!<……宣伝部長か?;;;
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    23:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
23
 
 二話同時再録で、この作品が二人の出会い編。
 しょっぱなの衝撃的な出会いから後に続く展開に、ザ~ラザ~ラと際限なく砂糖を吐き続ける私。甘い~甘いよぉ~ママぁ~ン!!TT ある意味、安心して読める物語でありますw
 二人の間に何の危機もなく終わるかもと思いきや、内情を知らないヒーロー妹の事実報告に、嘘をつかれたと一人合点して危機を招くヒロイン。ワタクシ、唖然としましてよ^^; いくら何でも、ヒーローの話を聞いていたら、その事実で真っ先に頭に浮かぶのは[浮気]でしょうに;;; 何でそんな思いっきり曲がりくねった解釈に一直線にたどり着いちゃうかな;;;
 ま、それはもしかしたら、ヒロイン姉と同じ血筋だからかもしれんがw
 当人たちにとっては重大問題で、ヒロインもヒーローもやつれちゃって大変ですが、読み手にしてみたらキャラに共感する余地もないほどなので、この二人はどうなるんだ~!?などと焦るはずもなく、笑って読み進める。<鬼か?;;
 キャラは実に好感度高いです^^ ヒロインは可愛い系でスレたところがないのがいい。そしてヒーローは、このジャンルではマイノリティ派の、駆け引きなし、素直で正直、プライドにしがみつかない男らしさがある高潔漢といった感じで、嫌う要素が皆無。
 この二人、特にヒーローが結婚生活編でもこのままのキャラなのかどうか、それとも傲慢男に変身してしまうのか、実に楽しみだったりw<読み方間違ってないか?^^;;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    17:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
22
 
 救いようのない鈍感馬鹿なヒーロー。あまりに救いようがないので、見なかったことにしてどこかに埋め立てちゃおうかと思ったり。<恐ろしいことを;;;
 そして、ヒロインは無謀……;;;; ヒロイン家族にいたっては、常軌を逸した変人…;;;
 とはいえ、ヒロインのキャラはなかなか面白かったんだが。ただ、どうせヒーローとの友情を葬ろうと思うなら、あんな無謀な行動に出ずに、はじめから自分の気持ちをはっきり言ってしまえばよかったんじゃないかと思うんだが。なのに、どういうわけか、告白してみるだなんてことは小指の爪の先っぽほどにも考えつかなかったようで、それが不思議でならん。
 不思議というより疑問なのは、マダムに変装してヒーローの誘惑に成功したとして、ヒーローはもとよりヒロインは何も疑問に思わないのだろうかと。
 ヒーローは結局自分はずいぶん前からヒロインを愛していたんだと後で気づくわけだが、彼にとってマダムとヒロインは別人で、にもかかわらず簡単にマダムに誘惑されてヒロインのことをすっかり忘れてしまい、ヒロインに対する気持ちはその程度のものだと自ら証明している。つまり、ヒロインと結婚したとして、その後魅力的な女性に誘惑されて抵抗できると自信を持って言えるんだろうか?と。ヒロインも、信じられるのか?と。マダムの誘惑に屈した時点では、確かにヒーローはフリーではあったが、確固とした自覚があろうとなかろうと、心の上ではそうじゃないはずなんだから、結果的にそれって浮気なんじゃないのかな。
 ヒーローは自分の知っているヒロインにマダムの要素が加われば言うことなしだから、マダムのやり方をヒロインに教えればいいんだなどと手前勝手な妄想に嬉々となっているけど、もしそう上手くいかず、ヒロインがそれを拒否したり拒否しなくともマダムのようにはいかなかったら、ヒーローは自分の気持ちはどうなると思ってたんだろう?
 文章上では[はじめ、カーラと間違えたほど、マダムはカーラに似ていた]という感じの文を何度か差し入れることで、彼がマダムの誘惑に屈したのはマダムがカーラに似ていたからで、カーラへの気持ちがマダムに屈する要因だったと言いたいらしいが、読者にそう思わせようとヒーローの行動を必死に取り繕ってる作者の姿が透けて見えるように感じるほど不自然。だって、マダムがヒロインの変装だと確信するまで、ヒーローの心はヒロインとマダムの間で振り子のように揺れているのが書かれているし、マダムと関係を持ったことでヒロインに罪悪感を感じているようなことは書かれていないのだから、ヒーローにとっては同時に二人の女性に惹かれている自分をはっきり認識し、それについて何ら罪の意識を感じる必要はないと思っているのが明らかなんだから。
 てなことを考えると、だ。どうにも納得いかないんだよな、このヒーローには。ヒロインの行動に納得いかんが。
 それが物語なんだと言われてしまったらそのとーりなんだが、展開のドラマ性ばかりを追った結果、読者に対して説得力のないキャラの思考を露呈しているような気がします。
 てなことで、1つ星。


【あらすじ】
    09:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 自暴自棄に近いヒーローと、苦難の人生を歩んでいるヒロイン。過去設定だけで二人の心の繋がりは完全に説明されていて、あとは過去との折り合いをつけていく様子にちょっとしたハプニングを入れて……という感じに作られている物語。なかなか上手くできていて面白かった。
 欲を言えば、子供を失ったヒロインの苦悩のようすや、ヒーロー十年間後悔してきた様とかをもっと書き込むために、ページを増やしてほしいなぁ~とw 通常ページ数で書いてあったら、もっと心に迫る物語になっただろうに……って、キャラと一緒に苦しみたいのか、私は;;;; あと、幸せの中に投入される危機の処理が、ちょっとあっさり片付きすぎて雑なような。そこが物語の山場なだけに、少々目についたか。
 てなことで、4つ星。

 にしても、短編3作を収録した『聖夜の奇跡』ですが、全編読み終えてみると、すべてが【再会】物でしたね^^
 少ないページ数で上手くまとめるには、まっさらな状態で出会うより、二人の間に過去があったほうがいいようだと気づきました。
 3篇とも短編なのに満足度高いし、この一冊はお買い得だったなw


【あらすじ】
    11:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 感情表現に不器用な朴念仁ヒーローがツボ!w
 世の中、口下手よりしゃべる男のほうがモテるらしいし、実際のところ考えてみれば、初対面で会話が弾まないとなかなか打ち解けられないものだから、無口なうえに感情が表情に現れない男性より、表情豊かで話し上手な男性のほうに惹かれやすいだろう。もっとも、それは男性に限ったことではなく、女性のほうも無口な人より話し上手な人のほうがモテると思うが……ぁまあ、女性はしゃべりすぎるより黙ってニッコリ笑うだけでおkと言う男性もいるかもしれんがな。
 ともあれ、そういうことなので、若かりし時のヒロインの気持ちも理解できる。<そういうことって……なんか話の繋がりが悪いな^^;;
 しかし、この短編に老年性アルツハイマーを患ったヒーロー叔母というキャラを持ってくるとは……驚いたなw
 ともあれ、5つ星。


【あらすじ】
    08:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 この書き込み時点で、この作者のは5作品読んでいますが、どれも高いお気に入り度をつけていたようです。たいがいは短編になると評価が下がるものですが、驚いたことに完成度が高く、短編を読んでいるような感じがしなかった。
 もっとも、ヒーローも短編仕様で、普段の長さの物語にしたらもう少し駄目っぷり(?w)があるキャラにするだろうところを抑えているようなので、ハリセンが飛ぶこともなく、性格的には凡庸といってもいいキャラなんですが、邦題からもあらすじからもわかるとおり外見に強烈な個性があるので、印象は薄くない。むしろかなり印象深いw
 そしてヒロインの聡明さ愛情深さともに、通常の長さならもっと書き込んでいるところなんでしょうが、十二夜の芝居の台本の中に上手くしっかり収めた感じがあり、書き込み不足はまったく感じなかった。
 登場人物は短編としては多すぎるくらいなのに、役どころがしっかりしているので飽和感もなく、また、ヒーローの心の変化を促し、読者に違和感なくそれを伝えるためのキャラもきちんと押さえてあったので、物語り全体に雑な印象があろうはずもない。
 面白かったぁ~と読み終えて、ふと、コレそういえば短編だったな、この作者の他の作品て、私どう思ってたんだろう…と、メモ確認に走らせたほど満足できた物語でした^^
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    05:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
20
 
 事情があったとはいえ、子供の頃のヒロインに対するヒーローの態度はいただけませんね。しかも大人になってからも大して態度が変わっていないというのは……反省の余地大ありだよな。途中で気づくけど、そのきっかけがあんな大事というのは……逆に言えば、あんな大事にならなければ気づけないというのが、なんとも情けない……。良く言えばリアリティがあるキャラだと言えるが、悪く言えば夢がない…;;;;
 ヒロインについてはかなり複雑なキャラなので、ちょっと説明が難しく、読んでみたほうが早いってことで割愛。
 物語のほうですが、二人の関係の根底にあるとある問題がございまして、どうやら邦題はそっちのほうからつけられたっぽい気が。そしてその他に、ヒロインが世間知らずのために自ら危険の渦中に身を置いて危うい綱渡りをしていたことが、ヒーローの登場で事件に発展してしまうという筋もあるんですが、こちらに関しては何だか扱いが雑。ただ単にヒーローが自分の態度を見直すきっかけのためのエピソードだったんだろうか、何にしても中途半端だな~などと思っていたんですが、根本の問題を隠すための囮だったという線が濃厚そうだ。隠す必要がなくなったからちゃっちゃと片付けたけど、片付けるだけではもったいないからヒーローの態度変革の材料にしてみた、みたいな。
 ともかく、3つ星で。


【あらすじ】
    09:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
19
 
 ヒロインがいないと何もできない、しかし本人はそのことにまったく気づかずいい男気取りの、ヘタレなヒーロー……って、ものすごい言いようだな^^;;;;
 確かに人間、身近にいる人のことはそこにいるのが【当然】であり、自分にとってどれほどの価値があるか気づかず、ないがしろにしてしまいがちではあります。時にはじっくり考えてみる必要があるのですが、それすら日々の流れに埋没して忘れてしまうわけで、もしかしたら大切な人を失っていることにすら気づかずにいるかもしれない。ふとした瞬間に失っていたことに気づいても、取り戻すチャンスはリアルではまずないでしょう。
 そんなことにならないよう、気をつけなくちゃいかんな…と、しみじみ思ったり。
 だいたい、デート相手の名前をすぐに忘れて思い出せないような自分が、どれだけダメ男か、気づけよ、ヒーロー;;;; つか、そんな男に惚れるなよ、ヒロイン;;;;
 シリーズ最終話にして、とんでもないダメ男っぷりのヒーローだったな…と、密かにため息をついたワタクシでありました。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    05:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
18
 
 ヒーロー、思考が突っ走って混乱気味。笑えるw<笑うのか;;;
 ヒロイン、カリスマ・ウェイトレスと思いきや、その実態はカリスマ・シェフだった!? ……どうにかヒーローを出し抜いて彼女をお持ち帰りできないものだろうか……<不可能です。ヒロインお持ち帰りの方には、もれなくヒーローがついてきます。<そんなのヤダ…
 それにしても、エレベーターでのヒーローの大告白。若干一名ほど名無しキャラの観客がおりまして、このおばあちゃまに笑いのツボを押されましたw 「今まで乗った中で最高のエレベーターだったわ」って、おばあちゃま、私も乗りあわせたかったです!w<無理言うな;;
 ともかく、5つ星でw


【あらすじ】
    11:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
17
 
 無口なヒーローがいいw もっとも、言葉が足りなくてヒロインに真意が伝わりにくいのが難点ですが^^; でも、意図的に口数を減らしているタイプではないから、尋ねれば答えが返ってくるので、問題になるのは、返事を勝手に悪いほうへ憶測し、怖がって尋ねずにいることだろう。意思の疎通とは、勝手に自分で相手の考えを憶測し確認せずに決定しないことが重要なんだなぁと、あらためて思ったり。
 ヒロインが生放送でブチキレたときには笑ったw 復讐なんて言うから、何をするのかと思ったらwww なかなか個性のあるヒロインで、面白かったですw
 して、ヒーロー母ですが……何だか呆気に取られ^^; ぃや、ヒロインが義理の娘になるのを楽しみにしていたくらい気に入っていたというのは、実に微笑ましいのですが、その元婚約者である実の息子のロクデナシぶりが見えないのは、まずいっしょ;;;; 頼むよ、ママさん;; 現実を見ようよ;;;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    00:26 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
16
 
 15歳で大学に入った才媛のヒロイン。水を差すようですが、物語の最後で髪をセットしようとした瞬間に邪魔が入り、気がそっちへいったのはわかるんだが、セットしないまま出かけた模様。いつそのことに気づくんだろう……と、物語の余韻どころか、どーでもいいことが気がかりです^^;
 さて、ヒーローはこのシリーズで大叔母に100万ドルで売りに出された御仁。根深い女性不信を抱えております。同じパターンだからといって思惑まで同じとは限らないのだという、その可能性についてはまったく頭に浮かばないようで、痛いです^^;;
 そしてやはりどーでもいいことですが、1話目のヒロインで今ヒロインの長姉の引越しのための荷造りシーン。ヒロインが書棚を見つめて「これをすべて持っていく必要があるの?」と……ワタクシがギクッとしたことは想像に難くないでしょう;;;; 読んで面白くないと思ったものは手放すようにしていますが、本音を言えば、そのとき面白くないと思っても何年か後に読んで面白いと思うこともあるので、本当は手放したくない。娯楽小説だろうと学術論文だろうと、どれも等しく本は私の財産だ!と思っているので、引っ越すときのことを考えると他人事とは思えなかったり;;;
 どーでもいいことに目が行くくらいなので、物語としては可もなく不可もなしという感じでしょうか。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    04:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
 ヒロインが切ないです。ヒーローの思惑がどうであろうと周囲の心無いからかいは、真面目で純粋な人間にとっては凶器ですし、面白がるだけ面白がって、からかわれる人の気持ちを考えない無神経さに腹が立ちます。<自分がやろうと誰かがやろうと、罰ゲームというものを面白がれない人間なので^^;<自分が笑いを提供するのではなく…というか、自分が笑い者になるのは嫌なのに、他人を笑い物にしてそれを楽しめる神経がまず理解できないです。
 で、ヒーローは…いまひとつよくわからないタイプ。所々でモノローグがはさんであるにもかかわらず、本当のところどう思っているのかが見えなくて、曖昧なまま物語が進んで曖昧なまま終わったような印象が^^;; 個性も、コレだ!というものもないような……;;;
 おばあ様のキャラが強烈過ぎたのかもw
 そんなわけで、3つ星。


【あらすじ】
    07:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
14
 
 気持ちがふらふらしているヒーローにハリセン振り回す。浮気性だというなら別だが、ヒロインに惹かれているという時点ですでに意識は亡妻を過去の女性として認識しているのだから、裏切っているとか何とか言ってるんじゃないよ、馬鹿者め~!!と。しかもヒロインを幸せにできるかどうか自信がないなんて、どっちつかずの態度取ってるほうが彼女を不幸にするだろうが、愚か者め~!!と。
 結局彼は、もう一度幸せを手に入れた後でそれを失ったら、どれだけ自分がダメージを受けるかを思って、怖がっているだけなのである。まったく、じれったい臆病者め!!
 ヒロインはストレートな性格で見ていて気持ちがいい。ときにそれがすぎて、少々利己的な言動もあるが、そこはいい具合に人間味を感じるところ。
 しかし……ヒロイン父、面白すぎw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    09:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
13
 
 邦題はシンプル。しかし、どう考えても内容に合ってない。ヒーローは研究室の仲間たちと和気藹々だし、愛想もいいし……過去設定のみが孤独を匂わせてはいるが、孤独を背負っているようには読めないし……てか、あの書き方でヒーローは孤独を抱えていると訴えたいのなら、思いっきり失敗しているかと^^; まともに読んだら、誰もヒーローは孤独だなどとは思わんと思うが。にもかかわらず、何でこんな邦題がついたんだろう;;; ストレートに『ミスター12月』でいいやん。
 それから、ヒロインのルームメイトの思考も、いまひとつよくわからん。初めはヒーローに焦点を当てていて、ヒロインがヒーローと関わることになったときに嫉妬くささを出していたし、その後も何かとそうにおうような台詞を言っている割には、ヒロインとヒーローの仲を取り持つような行動をしていたり……ヒロインを後押ししたいのか仲を裂きたいのか、どっちなのかはっきりしてもらえんだろうか。まぁ、リアリティを考えれば、人間くささが出ていると言えるけど。それでもなんだか、どっちつかずな感じが気持ち悪かった。キャラは面白いけど。
 で、ヒロインは家族が問題。とはいえ、この家族があってこそ、平凡なキャラにならずにすんでいると感じるのだが。
 物語はそれなりに面白かったし、キャラも個々に見ると面白いのがそろっているんだが、全体的に何か腑に落ちないものが残る。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    09:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
12
 
 ヒーローが笑えるw 慈善パーティーは己が狩場ぞ!とばかりに女性との誘惑の駆け引きでブィブィ言わせている、女好きを自認するプレイボーイなヒーローが、一転狩りの獲物になり、女性に追いかけられるようになったとたん、ものすごい慌てようでw ヒーロー、すまん、ゲラゲラ笑った!www<全然すまないと思ってないな、この女;;;
 それだけじゃなく、ひょんなことから小さなソフトウェア会社で働くことになったヒーロー、あまりに煮詰まって飽和状態な感じがよくわかる、PC前でトチ狂ったジョーク飛ばす姿にも爆笑したw しかも洗濯室でのうたた寝シーンでも笑えたしw
 いやぁ~……ヒーローの座にいながら二枚目半というのは、久々に見たかもw 面白かった~w
 もう一回読もっかなw と、読み終えてすぐに思った珍しい作品でしたw
 てなことで、5つ星。もちろん手元に保存でw


【あらすじ】
    02:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
11
 
 ヒロインと友人たちが話している内容にハリセンを振るう。自分に怖気づくのでもなく、認めてくれる男性が~という点ではその通りだが、そういう男性は土木作業員の中にはいないと断言しているという点は、大間違いでしょー!? 職業に貴賎はないというとおりで、どんな職業かは問題じゃないんだよ、お嬢さん^^;
 それはそれとして、ヒーローがか~な~り、情けないと思ったんですが^^;;;
 高校時代の初恋の相手がヒロインで、彼女に心を踏みにじられたからといって、仕事で復讐を果たそうと考えるとは……みみっちぃぞ、おぬしorz 確かに傷つくような酷い言葉を受けたかもしれないが、それで何が変わったかを考えてみればいい。そのおかげで職を失ったとか人生が狂って落ちぶれたと言うならわかるが、そんなんじゃないのに仕事で復讐するのはおかしいだろう。
 もうね、なんかこのヒーロー、人間的に嫌いよ、私。
 最後にはヒロインに協力してるし、昔から愛していたなんて言っているけど、最後に協力したのはヒロインが負けを認めたからで、復讐が成立したからに過ぎないし、しかも途中で葛藤らしい葛藤すらしていないわけで。そこまでやれるのに、愛しているなんて、もう、嘘だろそれは、と。あまりに嘘くさくて、信用できんわ、このヒーロー。他にやり方があったはずなんだし。
 ぅむ、やっぱりダメだわ。ヒロインもヒーローに対する態度に問題があったかもしれないけど、それでも私、このヒーローはどうにも好きになれない。
 てなことで、1つ星。


【あらすじ】
    06:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
11
 
 笑った笑ったw ヒーローたち男どもの様子は、どことなくロッカールームでのおふざけをのぞいているような感じがいたしますw ただのイメージですが。<そうじゃなきゃヤバいだろう;;;;
 その中に放り込まれたヒロインは、ただただ目を白黒させて大慌て……って感じかw って、撮られた覚えのない自分のヌード写真に男どもが寄って集って大騒ぎしていたら、そりゃ、「それ、私!」などと言い出せるはずもありませんが^^;
 展開としては特にコレといって書きとめることもなく、比較的平穏で大きな山があるわけでもないのですが、やっぱり投下されたネタがネタだけに、大きな山がなくとも笑えるというw 何より、キャラたちのリアクションが面白い。言ってしまえば、それだけでもっている物語でもありますが^^;;; ぃや、私は笑えればそれでいいんだっ!!<8割本音か…;;;
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    02:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
10
 
 ページ数が少ないのでサクッと読めてしまうが、物語の展開もサクッと読めるほどあっさりしている。ネタは軽くないので笑いはまったくないんだが。というより、ネタはけっこう重めなので、もっと重い展開になってもおかしくないしそのほうが問題提議がしっかりできるだろうが、ページ数の関係かもしくは元々軽く作りたかったのか、とにかく、ロマンスの方に重点を置いて軽く仕上げているので読みやすい。
 つまり、キャラや過去設定に余計なものがなく必要最小限に抑えられており、下手に勿体つけることなく実に綺麗にまとまっている。そして、粗らしい粗も見当たらず、大仰な山場もないので、綺麗過ぎて記憶に残りにくい。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    02:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
10
 
 読み始め、ヒーローの言動と思考を読んで…「……馬鹿……?」。さらに進んで…「……馬鹿だ……^^;」。さらにさらに進んで…「馬鹿だねぇ~、この男。ハァ~┐(-。ー;)┌ヤレヤレ」。ゴメンナサイ。身も蓋もないですね^^;;;
 ヒロインもかなり悲観論者なんだけど、ヒロインほどの悲しい過去がなかったとしても、彼女の気持ちはよくわかる。どれだけ不安と孤独感を感じていたか。とはいえ、高すぎるプライドのせいで、素直に自分の感じていることを伝えられなかったりという点では、確実に失敗だとは思うが。
 まぁ、いろいろと思うところのある物語でありましたが、思ったことを全部書いてたらきりがないし、以前言ったことのある事柄も多いので、この辺でw
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    00:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2007年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。