夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
18
 
 「私と仕事と、どっちが大切なのよ!?」と理不尽な難問を突きつけて出るわけない答えを無理矢理迫る、大時代の女性像と同じようなことをヒロインに突きつけたヒーロー。若気の至りとは言え、自分が間違っていた…と言った舌の根も乾かないうちに、予想していなかった爆弾を落とされたからと、前言撤回やっぱり僕は悪くない!!って言い張るだけじゃなく、ヒロインの人の好さに付け込んでズタズタにするこのヒーロー…………ちょっと夜陰に乗じて縛り上げ、有無を言わせず千切りの刑にしてもよござんすね?<って、誰に聞いているんだ誰に;;
 何つーかね、このヒーロー、信じられないくらい鬼畜よ? てのは、確かに傲慢に命令口調で言い放つもろもろの台詞を見れば、どんだけ馬鹿で救いようのない利己主義かはわかるけど、読んでいてヒロイン以上に怒髪天突く物語でございましてよ。お人好しのヒロインはかなり甘い。私なら、土下座して謝らせ、その頭を足でグリグリ踏みにじり、謝罪と懇願の言葉を血反吐吐くまで言わせなければ許しちゃいかんと言うところでございます。<って、アータのほうがよっぽど鬼畜だって;;;;;
 とりあえず、3つ星で。


【あらすじ】
スポンサーサイト
    07:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
17
 
 あらすじを読んで、ヒーローが見せた【翌朝の冷たい態度】ってのにツッコミ入れようとワクワクしながら本編を読み始めたんですが。えーと。で、結局、ソレって、何だったの?^^;;;;;;<ハリセン構えたまま不発で終わり、このハリセンをどーしたらいいのか困惑のワタクシがここに;;;;
 キャラはどっちも等身大でなかなかよかった。特にヒロイン。ラジオの人気パーソナリティという、けっこう華やかな職に就いていたにもかかわらず、リストラで転勤か辞表かの二択であっさり辞めて、未練もなく故郷に戻ると決めちゃうところなど、かなり自然体で素朴な味があって気に入った。
 で、何より笑えるのが、ヒロインの兄夫婦や診療所の名物受付おばさんを含めた町の住人たちで、それぞれなかなか個性豊かな上、ヒロインやヒーローとのちょっとしたエピソードも笑えて楽しい。というか、この物語、この脇役たちがいなければお話になりません!という物語でございますw
 てなことで、4つ星。


【あらすじ】
    02:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
16
 
 ワタクシ、関連前作を読んでません。そのためかどうかわかりませんが、話の半分くらいが、何が何だかさっぱりでした;;;; ぃや、簡単に説明されているから、表面的には事情もわかるんだけど、ヒーローにとっては重大事で、ヒーローというキャラを読むうえでは詳細の事情が理解できていないことには……という部分があり、それを考えると、関連作を読んでいないことでヒーローの家族関係について前情報がないままだと、物語に入り込みにくく思えるうえに小さな疑問符が続出し、細かい点で納得できないまま話が進んでいくように感じてしまう作品。
 最後に事情を知ったヒロインが何だかあっさり納得しちゃっているのもご都合的に見える。私には、最後までヒロインに打ち明けなかったヒーローの態度は【ヒロインが傷つく姿を放っておいて、家族の対面を優先した】としか理解できず、ヒロインに対して深い思いがあるならきちんと事前に打ち明けて彼女の心を思いやり、そこで初めて理解を求めるのが筋ってもんだろうに…と思っちゃって納得いかん。
 んでもって、キャラの魅力については……ヒロインはまあまあいい線行っているように思えるところもあるが、ソレと同じくらい妙な違和感を感じるところもあり、ヒーローについてはいいと思えるところよりも見なかったことにしたくなるところのほうが多く、結局どちらもいまいち…いま二…いま三…いま―――<どこまで行くつもりだ、オイ;;;;
 てなことで、2つ星。


【あらすじ】
    07:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
 ヒーローがパラノーマル。一度は罪人として処刑されて死んだものの、その直前に無意識に行った善行により、地獄行き急遽取り止め、しかし天国に入るには少々善行が足りず…ってことで、もう少し善いことしてらっさいと、神様に150年延命されて現世に送り返されちゃったというw で、そろそろ引き伸ばされた命数も尽きるというところで……数世代分生きているという設定、それに人助けに奔走していながらしかしアンチヒーロー的なキャラ設定が、映画『ハンコック』のヒーローを彷彿とさせます。
 そして、ヒロインは脳腫瘍を患い余命数ヶ月というところで……これを日本人が書いたら、ヒロインの最期を滂沱の涙で看取るヒーローもすぐに命数が尽き、天国でヒロインと再会、めでたしめでたし……てなお涙頂戴物語になるところですが、さすがにHQ、そんな、あるかないかもわからん[天国HE]など、真のHEではない!と言わんばかりの展開でございますw
 ヒロインが直面している【早すぎる死】というテーマは、考察するに美味しいネタではあるんですが、言うなれば、ソレをいろいろと考えながら読むべき物語で、ソレを考えずに読んだらめっちゃ湿っぽいだけの物語とも言える^^;;
 で、序盤にヒロインに絡んでいたあの少年だが、なぜヒロインに絡むのかその心理が知りたかったし、衝撃的な退場のしかたではあれどあまりにあっけなくお役ゴメンにされてしまい、しかもその後彼の心理など考える必要などないとばかりの扱いが、ワタクシ個人的に哀愁を覚えたり。……この作者、ベテランだしいいネタ持ってくるし、主役キャラの作り方はいいんだけど、時々こういう小さなところでガックリくるようなことやってくれるのが痛いです。
 てなことで、3つ星。



【あらすじ】
    02:45 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2009年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。