FC2ブログ

夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
24
 
 考古学者としての職業倫理と愛情の狭間で揺れ動く、ヒロインとヒーローの関係。
 ヒーロー、エライ曲者ですw
 途中で「もしや、この発掘現場は…」と思ったら、案の定。侮れません。が、しかし、女たるもの、ここまでされたら女冥利に尽きるというものでしょうな。
 疑念と愛情に挟まれて苦しむヒロインには同情しますが。
 そういった二人のロマンスの流れはとりあえず置いといて。
 過去の歴史を語る遺物に対する二人の思いは同じであるのに、考え方や行動の違いは、読んでいて考えさせられる。この論理は考古学以外にも当てはまることで、どちらが正しいという答えが出ない問題だけに、延々考え続けることになるんだろうなぁ^^;
 とにかく、5つ星。


【あらすじ】
 イゾベルは考古学者。シチリアの公爵の屋敷に滞在し、海底に眠る古代の宝物の引きあげ作業に携わっている。
 ある日、海中での調査中、ギリシアの神を思わせるたくましい男が貴重な金貨を盗むところも見とがめた。だが男は悪びれもせず、キスをしてくれたら返すと言い張るだけだ。
 こんなならず者にキスをしろですって?
 でも背に腹は代えられない。イゾベルは目を閉じた……。
 男は難なく唇を奪うと、再び海の中へと消えていった。そして屋敷の当主が初めて姿を現す晩餐会で、彼女は息をのんだ。
 キスを盗んだ男は、第十三代マンダラ公爵その人だったからだ。
[HQ]
    03:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://musourasen.blog61.fc2.com/tb.php/52-4f1a96d1
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。