FC2ブログ

夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
04
 
 転んだはずみにパイナップルをぶつけたというから、思いっきり顔か肩か胸か背中辺りにぶつけたのかと思ったら、靴…つまり足だった。めっちゃ地味だな;; や、この作者ならそれくらいでも大胆だが。
 そして物語は淡々と、パステル画のように進んでいきます。このリズムも色彩も嫌いではないのですが、今作はヒーローが少々気にかかりました。
 ハッキリとした意思表示もしなかったくせに、自分が振った元カノの心情を思いやって寛大になれとか、個人的なことに首を突っ込むなとか、何だか言いたい放題ヒロインに言ってくれます。思わず「ど突いたろかコラ」と危険な気分になりました。
 しかも、それは大変な言いがかりというものだったのに、ヒーローはヒロインに何の謝罪もないまま終わってます。視点がヒロイン固定だったので、その場からヒロインが逃げ出してしまったことで、ヒーロー自身きちんと真相を理解したのかも不明だし、自分が口にした言葉が言いがかりでどれほどヒロインを傷付けたか把握しているのかどうかも不明。納得いきません。
 そもそも、ヒーローの見ていないところで暴言を吐くような女を思いやってやる必要があるんでしょうか。寛大といったって、限度が過ぎればそれは寛大とは言いませんよ、ヒーロー?
 読後までそういう気分を引きずってしまいました;;
 残念ながら、2つ星。


【あらすじ】
 ティモンと出会ったきっかけは一風変わっていた。エロイーズが階段で転んだとき、持っていたパイナップルを彼にぶつけてしまったのだ。
 驚いたことに彼は、つぶれたパイナップルの代わりにと、たくさんのフルーツを贈ってくれた。
 もう会うこともない相手とはいえ、エロイーズの心はときめいた。
 ところが思いがけず、彼女は友人の家でティモンと再会する。
 彼は家柄のよい、優秀な医師だった。
 私なんてお呼びじゃない。すむ世界が違いすぎる。けれど、そっと見つめるだけなら許されるはず……。
[HQ I-1824]
    03:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://musourasen.blog61.fc2.com/tb.php/80-e0f37187
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。