夢想螺旋

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
15
 
 ヒーローがパラノーマル。一度は罪人として処刑されて死んだものの、その直前に無意識に行った善行により、地獄行き急遽取り止め、しかし天国に入るには少々善行が足りず…ってことで、もう少し善いことしてらっさいと、神様に150年延命されて現世に送り返されちゃったというw で、そろそろ引き伸ばされた命数も尽きるというところで……数世代分生きているという設定、それに人助けに奔走していながらしかしアンチヒーロー的なキャラ設定が、映画『ハンコック』のヒーローを彷彿とさせます。
 そして、ヒロインは脳腫瘍を患い余命数ヶ月というところで……これを日本人が書いたら、ヒロインの最期を滂沱の涙で看取るヒーローもすぐに命数が尽き、天国でヒロインと再会、めでたしめでたし……てなお涙頂戴物語になるところですが、さすがにHQ、そんな、あるかないかもわからん[天国HE]など、真のHEではない!と言わんばかりの展開でございますw
 ヒロインが直面している【早すぎる死】というテーマは、考察するに美味しいネタではあるんですが、言うなれば、ソレをいろいろと考えながら読むべき物語で、ソレを考えずに読んだらめっちゃ湿っぽいだけの物語とも言える^^;;
 で、序盤にヒロインに絡んでいたあの少年だが、なぜヒロインに絡むのかその心理が知りたかったし、衝撃的な退場のしかたではあれどあまりにあっけなくお役ゴメンにされてしまい、しかもその後彼の心理など考える必要などないとばかりの扱いが、ワタクシ個人的に哀愁を覚えたり。……この作者、ベテランだしいいネタ持ってくるし、主役キャラの作り方はいいんだけど、時々こういう小さなところでガックリくるようなことやってくれるのが痛いです。
 てなことで、3つ星。



【あらすじ】
    02:45 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
 
21
 
 ヒーローにとってヒロインは恩人の娘であり、手出し無用。本当は自分のものにしたいのに、自分で手出し無用のレッテルを貼ってしまったため、手を出せず、仕方なくヒロインの周囲をうろうろと、いかにも「ここは俺の縄張りだっ!」と主張するが如く、寄ってくる男どもを威嚇しているヒーローの姿がなかなか滑稽で笑えるw
 しかも、そんな【手出し無用のレッテル】は、ヒロインにとっては大きなお世話で、ヒーローの気を引いて本心を引き出したいのに上手くいかず、傷心……という姿を見かねてヒロインに手を貸すゲイの友人がまた面白いキャラなんだが、しかし彼も物語途中で早々に退出してしまうという、ちょっと作者の都合に操られている箇所が気になるものの、おおむね楽しめた物語。何と言っても、ヒーローがうっかり口滑らせて物語中盤で本心を暴露しちゃうのが笑い所でw しかもその本心も、実際には上辺だけで本当のところどこまでヒロインに心を囚われているのか、ヒーロー本人も気づいていないというのがまた笑い所だったりw ばんばんハリセン振って大笑いした物語でしたw
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    03:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
21
 
 思いっきり独立独歩のヒロイン、母の人生を見てきたおかげで、自分の中に居るロマンチストを無視し、そんな自分はいないものとして男性に頼らず着実に冷静に人生を歩んできている…というのが、ヒロイン本人はまったく気づかないが読者としては実に危なっかしく思えるところであります。
 そしてヒーローにとっては謎な女性に見えて好奇心を刺激され、どうしても注目してしまい……ヒロインにとっては、好奇心が満たされたら破棄処分される物のように扱われるのは母を見ていてよくわかっているから、そんなことにはなりたくないので注目してくれるな、頼む!!という心境なんだが、ヒーローにそんなことがわかるはずもなく。
 と言えば、その後物語がどんな展開を見せるかはおのずと知れるというもので、本当のヒロインの心が容赦なくズタズタにされていくのが実に痛々しい物語。実際にはヒーローの心もかなり傷ついているらしいんだが、残念ながらソレはいまひとつ表現不足だったように思えた。
 てなことで、3つ星。


【あらすじ】
    03:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
20
 
 ぃやぃやぃやぃや……この作品、この作者の作品群ではちょっと変わってるかも。とは言っても、ヒロインが経済的に窮地に立たされ、過酷な労働に耐え忍ぶシンデレラみたいなキャラという作者王道は外してません。で、何が変わっているかと言うと、ヒーローの行動というか^^;;
 このヒーロー、ヒロインにプロポーズした当初は作者王道の【友情はあるけど愛情はない】路線なんだが、途中でヒロインに惹かれて愛しはじめている自分に気づくのがはっきり書かれているので、まずそこのところが変わっている。でもって、そんな自分の気持ちをもてあまし、しかもヒロインは自分に友情以上は求めていないはずだと思っているせいで、必要以上に近づかれることを避け、何気なくヒロインが顔を近づけたとき不自然に露骨な避け方をしてヒロインを傷つけたのに、本人は自分の気持ちにうろたえてヒロインを傷つけたことに気づいてないっていう、ワタクシに意気揚々とハリセン飛ばす許可を与えるようなお馬鹿さを披露してくれただけでなく、自分の気持ちを伝えられない臆病者にして愛されていないと悲嘆に暮れている愚か者という姿が惜しみなく書かれているという点で、かなり変わっている作品ですw
 コレはなかなか面白かったw
 てなことで、5つ星。


【あらすじ】
    03:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
ちょっとお知らせ
- Information -
 ご来訪、ありがとうございます。残念ながら、当ブログは依然、ほとんど休止中であります。
 待たせに待たせておりますが、まだまだ辛抱強くお待ちいただけると…沙月さん、泣いて喜びます。
 【2010年4月現在】

-- E N D --
.
.
プロフィール

砂原沙月

Author:砂原沙月
 メモの9割以上がロマンス小説。時々ミステリー小説も入り込んでおります。ジャンルはコメントが投稿されたテーマでご確認ください。
 10/5月現在。再読の山を切り崩しながら、過去日付で追加しております。ほとんどあらすじを写すだけでレビューなしの、読んだよ記録にしかなってませんが。とにかく片付くまで頑張ります^^;;;
 沙月のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/satuki01

 星評価は、主観による私のお気に入り度であって、他の方へのお勧め度ではありませんので、ご注意ください。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
最近のコメント
Tree-LINK
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
メールフォーム
記事へのコメントはちょっと…だけどツッコミたい!というかた、ご利用くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。